Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[5種目7レース4メダルの真価]高木美帆「戦い抜いたオールラウンダー」

posted2022/02/25 07:02

 
[5種目7レース4メダルの真価]高木美帆「戦い抜いたオールラウンダー」<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

最終種目となった女子1000mで個人種目初の金メダルを獲得し、満面の笑みを見せる

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

3大会目の五輪で自身最多の5種目出場に挑み、最後のレースで遂に手にした個人最速の勲章。世界が認める万能スケーターが今大会で貫き通した唯一無二の滑走の軌跡と、その裏に秘めた思いを追う。

 胸の上で金色のメダルが燦然と輝いていた。2月18日夜、北京五輪のメインスタジアムである通称「鳥の巣」前の広場で行なわれたメダルセレモニー。きらびやかにライトアップされた表彰台の真ん中で、高木美帆は目を潤ませていた。

 センターポールに日の丸が掲揚され、君が代が流れた。スピードスケート女子1000mで金メダルを獲得した日本のエースは、しみじみと喜びを噛みしめながら君が代を口ずさんだ。5種目7レースに挑戦し、滑った距離の合計は1万3200m。最後にたどりついたゴールラインの先に自身初の個人種目の金メダルがあった。

「君が代の音色はアスリートにとって輝かしいもの。やっとその場所に立てたのだと、こみ上げるものがありました。これからのことを考えると、実際の重量以上の重みがあると感じています」

 日本の女子アスリート史上初となる1大会4個目のメダルを手にし、潤んだ目のまま、感慨深げに言った。

 5種目への挑戦は波乱含みで始まった。

 最初の出番だった2月5日の女子3000m。高木は5位だった平昌五輪より順位を落とし6位に終わった。表彰台の期待がかかる中、動きに切れを欠き、優勝選手のタイムより5秒近く遅い4分1秒77でフィニッシュ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4050文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

高木美帆
ヨハン・デビット
イレイン・ブスト
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ