サムライブルーの原材料BACK NUMBER

「自分がいらんことをした」エスパルス主将・権田修一が明かす、残留争いのなか当たってしまった“嫌な予感” 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2021/12/26 11:00

「自分がいらんことをした」エスパルス主将・権田修一が明かす、残留争いのなか当たってしまった“嫌な予感”<Number Web> photograph by J.LEAGUE

12月4日、最終節でセレッソ大阪に逆転勝ちでJ1残留を決めた清水エスパルス。キャプテンの権田がサポーターへの挨拶の場に立った

「チームメイトが守ってくれるんだから、信頼を置いておけばいいんです。そこから抜けてきたものに対処するのが役割なのに、あの試合は“自分が守る”というところに比重を置きすぎました。ボールに対して出られないことが多くなって、相手のリスタートもフリーでやられることが増えてきて“自分が何とかしなきゃ”という思いが強すぎた。だから、いらんことをした、と。普通にやればいいのにって。チームスポーツなんだから、やりすぎる必要はまったくないんです」

 チームメイトへの信頼を胸に刻み直し、「いらんことをした」のは一日限りとした。平岡監督のもとで3試合で2勝1分け、この日もいつもの泰然自若で日本平のピッチに立った。

 2-1とリードして攻勢を続けるなか、後半31分にはピンチを迎えた。

 右サイド、坂元達裕の左足クロスに、中央で待っていた大久保嘉人がヘディングで合わせるも、権田が右手で枠の外に出した。チームを勇気づけるビッグセーブだった。

 勝利が近づいていた。

 実はこのとき権田は大きく感情を揺さぶられていた。

 こみ上げる涙を一生懸命に抑えようとしていた。《つづく》

#2に続く「カメラに抜かれていたらヤバかった」「僕、若干、泣いていました」権田修一が残留をかけた試合中に思わず涙したワケ

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
権田修一
清水エスパルス

Jリーグの前後の記事

ページトップ