サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「厳しいことが言える選手でいたい」守田英正26歳が語る“今、一番意識する”田中碧とサッカー日本代表の世代交代

posted2021/12/22 11:05

 
「厳しいことが言える選手でいたい」守田英正26歳が語る“今、一番意識する”田中碧とサッカー日本代表の世代交代<Number Web> photograph by Getty Images

ポルトガルに渡って1年、チームの主軸としてプレーするMF守田英正。日本代表ではプレッシャーが懸かる試合で大役を担うなど、着実に存在感は増している

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 10月12日、カタールW杯アジア最終予選のオーストラリア戦。前節にアウェーでのサウジアラビア戦に敗れたサッカー日本代表は、第4戦目にして“崖っぷち”に追い込まれていた。

 この試合で日本より上位にいるオーストラリアに敗れれば、W杯7大会連続出場が大きく遠のく。どうしても負けられない試合だった。

 そんな大一番で重要な任務を与えられたのは、ここまで少しずつ代表での実績を積み重ねてきたMF守田英正(26歳)だった。最終予選で初めてとなるスタメン入りを果たすと、森保一監督から与えられたポジションは普段のボランチではなく、「4-3-3」のインサイドハーフ。川崎フロンターレ時代のチームメイトであるMF田中碧と共に新システムの肝となる役割を任された。

 果たして、チームの勝利のために、自身の価値を証明するために挑んだ試合は、喉から手が出るほど欲しかった「勝点3」を得る結果になった。新システムで臨むという即席に近い状況下ではあったが、守田は持ち前の戦術眼を駆使して黒子役として奮闘。ゴールを奪った田中がMVPとするなら、守田は影のMVPと言える働きを見せた。

 ただ、惜しまれるのは失点に直結したFKを与えるファウルを犯したこと。改めてオーストラリア戦を振り返った。

「僕自身、試された試合だったと思います。結果として勝てたことはすごくよかったと思いますけど、もしあれが仮に負けていたり、追いつかれて同点だったら今の状況は全然違ったと思っています」

異国の地、ポルトガルへ

 昨年の冬、守田は1つの大きな決断を下した。

 これまでのサッカー人生で見たこともない景色を見るために、そして夢であるW杯に出場するために、2017年から在籍した川崎を離れ、異国の地、ポルトガルへ渡った。

【次ページ】 「クラブ史上最高の6位」に貢献

1 2 3 4 NEXT
守田英正
田中碧
川崎フロンターレ
サッカー日本代表
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ