野球クロスロードBACK NUMBER

「全打席抑えられるわけがない」花巻東・佐々木麟太郎(1年生)、“新怪物”伝説の幕開け〈東北大会初優勝→いざ全国デビュー〉 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byGenki Taguchi

posted2021/10/29 11:02

「全打席抑えられるわけがない」花巻東・佐々木麟太郎(1年生)、“新怪物”伝説の幕開け〈東北大会初優勝→いざ全国デビュー〉<Number Web> photograph by Genki Taguchi

花巻東の1年生・佐々木麟太郎が見舞った左中間最深部への逆方向のアーチは、観衆の度肝を抜くには十分だった――

決勝で見せた規格外の“対応力”

 聖光学院との決勝戦では、ブレない姿勢、1球への集中力を表現した。

「アウトコースは、ストレートも変化球もまだ捌きが甘いような気がしたかんね」

 そう判断した相手監督の斎藤智也がぶつけてきたのは、大会初先発となる左腕の小林剛介。事実、麟太郎はストレートとスライダーで外角のストライクゾーンギリギリのコースを攻められ、ピッチャーゴロ、空振り三振と、2打席目まで手玉に取られていた。

 ただし、精彩を欠いていたといっても、この時すでに教訓は体に刷り込まれていた。

 1点リードの5回、2死一、二塁の場面で回ってきた第3打席で、麟太郎は最初から打つべきボールにヤマを張っていた。

「前の打席はスライダーでアウトを取られていましたし、予測はできていました。しっかり球種を読みながら対応していこうと」

 初球、スライダーが外角低めの絶妙なコースに投じられる。小林にとってそれは、ミネソタ・ツインズの前田健太から着想を得た、バッターの手前で大きく曲がる絶対的な武器。そのボールに麟太郎が右足を踏み込み、迷わずバットを振り切る。低い弾道が左中間を切り裂き、打球はフェンスに到達した。これで、スコアは4-1。勝負を決める一打となった。

 殊勲打を放った麟太郎が声を張り、誇る。

「初球からでもしっかり変化球に対応して、点数に結びつけられたのは自分でも非常にいい評価をできると思います。夏が終わってから特に、張っているボールを仕留めるという課題を修正してレベルアップできているので、秋にかけて本塁打数も非常に増えてきたわけですし、だんだん精度も上がっています」

いざ、“全国の舞台”神宮へ

 13打数5安打、打率3割8分5厘。4打点、1本塁打、3四球、2死球、4三振。

 これが、東北大会での麟太郎の成績である。花巻東の初優勝に「そこを目標に、執念を持って練習してきました」と顔をほころばせながらも、11月20日に開幕する、各地区の覇者が集う明治神宮大会に話題が及ぶと、飛躍を見据えるように表情を引き締める。

「高めの真っすぐと低めの変化球をしっかり見極めながら対応しないと。自分に有利なカウントにもっていく打撃が自分の持ち味ではあるんですけど、全国が相手となるとなかなかそれが難しくなっていくのは重々承知しているので、チームの勝利に貢献できるようしっかり練習していきます」

 伝説への物語が、本格的に幕を開けた。

 威風堂々たる佇まい。圧倒的なパワー。新怪物に触れた全国は、必ず唸る。

 これは本物だ、と。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
花巻東高校
佐々木麟太郎
仙台育英高校
聖光学院高校

高校野球の前後の記事

ページトップ