サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

〈崖っぷちの豪州戦ルポ〉森保ジャパンを救った田中碧の貪欲さと、W杯予選の重みを知る長友佑都が漏らした「安堵の言葉」

posted2021/10/16 11:00

 
〈崖っぷちの豪州戦ルポ〉森保ジャパンを救った田中碧の貪欲さと、W杯予選の重みを知る長友佑都が漏らした「安堵の言葉」<Number Web> photograph by Getty Images

試合後、どこかホッとしたような表情を浮かべる長友佑都。ベテランとしてW杯連続出場への重責を背負う

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Getty Images

 試合終了からすでに20分ほど時間が経っていた。

 規制退場が行われて、スタンドに残る観客の数もまばらになったなか、森保一監督が姿を見せ、ゴール裏から順番にスタンドの観客へ向けて頭を深々と下げ、声を張り上げていた。「まずは今日の試合の応援をありがとうと、みなさんに叫ばせてもらった」と公式会見で話した指揮官へ、サポーターからエールが送られた。新型コロナウイルス感染対策的には賛否が分かれるところだが、ワールドカップアジア最終予選で、ホームでの初勝利を手にした監督の心中に芽生えた安堵感の大きさが想像できる。

「中盤で時間を作れた」長友が語る新システムの利点

 最終予選3戦を終えて、1勝2敗と最悪のスタートを切った森保ジャパンは、ホームにオーストラリアを迎えた最終予選第4戦では、遠藤航、守田英正、田中碧と守備的MFを3人起用した4-3-3で試合に挑んだ。

「守田と碧が入って、タメができるし、中盤で時間を作れた」と長友佑都がその利点を語る。

 サウジアラビアから帰国後、トレーニング時間はわずかだったが、新システムは功を奏した。アンカーとしてCBの前に立った遠藤は「役割がはっきりしていた。3枚でやるうえで距離を近くという話は試合前からしていた。誰がどのポジションでもやれる」と話した。

 伊東純也、南野拓実が高い位置をとり大迫勇也をサポートする。そして守田や田中も攻撃へ顔を出していく。相手DFが守りづらそうにしているのがわかった。

 8分、南野がペナルティエリアやや左から入れたクロスボールへのクリアミスを右から走り込んだ田中が拾いゴール左へと蹴り込み先制点が生まれる。

「先に失点してしまうと苦しくなる」と戦前、先制点の重要性を語っていた守田の言葉通り、リードを手にした日本は、落ち着きとともにゲームをコントロールしていた。

「相手のミスでマイボールになったり、チャンスっぽい場面があれば、急ぎたくなるのは僕が出ていても同じだったと思う。でも全体的に縦へ急ぎ過ぎたという感じがあります。ボールを持つことに臆病になっていたり、体力の使いどころを守備にまわされて、攻撃に使えないというのもあったと思います。(失点するまでの時間帯で)もう少し主体的に、自分たちからアクションを起こしてボールを握り、ゲームをコントロールしてもよかった。守備での追い方が悪く、間延びした状況でボールを奪われたとき、選手同士の距離感、立ち位置が悪かった。割り切って、ブロックを敷くとか、チーム全体で推進力を持ってボールを奪いに行くのか、守備の部分も明確にできれば、よい距離感を保てたと思います。あくまでもボールを握ることにフォーカスして、自信を持ってやるのならば、選手の立ち位置はもう少しオーガナイズされてもよいというか、突き詰めていく必要があると思います」

 敗れたサウジアラビア戦を守田はこう分析していた。

【次ページ】 大迫勇也、柴崎岳…経験豊富なチームの中核も発奮

1 2 3 4 NEXT
森保一
長友佑都
大迫勇也
守田英正
田中碧
柴崎岳
浅野拓磨
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ