Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[諸見里しのぶが解説]畑岡奈紗&稲見萌寧「勝負はラスト3ホール」

posted2021/07/31 07:01

 
[諸見里しのぶが解説]畑岡奈紗&稲見萌寧「勝負はラスト3ホール」<Number Web> photograph by Getty Images

左から稲見萌寧、畑岡奈紗

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

米ツアー勝利で勢いに乗る畑岡と、今年5勝の練習の虫、稲見。2人は女子ゴルフ大国・韓国の4人など強敵たちとどう戦うか。国内外の大会の解説も務める諸見里しのぶに勝算を聞いた。

 前回から五輪競技に復活したゴルフ。日本女子は地の利も生かして金メダルを狙う。長く選手として活躍し、テレビ解説やツアーのコースセッティングも担当する諸見里しのぶが、ライバルたちとの力関係や開催コースの霞ヶ関カンツリー倶楽部の特徴などを読み解いた。

 自国開催の今回の五輪、日本代表がメダルを獲得する可能性はとても高いと思っています。特に畑岡(奈紗)さんは金メダルに最も近い選手のひとりです。

 畑岡さんは「黄金世代」と呼ばれる1998年度生まれの筆頭。6月の全米オープンでは笹生(優花)さんにプレーオフで敗れて2位でしたが、7月初めのマラソン・クラシックで2年ぶりに優勝しました。仕上げは順調。勝てそうで勝てなかったつかえが取れた意味は大きいと思います。

 飛距離以上に曲がらないショットが武器ですが、昨年はショットの乱調に悔しがる姿を何度も見てきました。ところが今年5月に右手のグリップの位置を変えてから、テイクバックがすごくスムーズに上がるようになりました。その影響でインパクトが安定し、球筋の打ち分けを含めて精度が格段にアップした。優勝した大会からパターの総重量を20g軽くして、やっと自分にしっくりくるパターに出会えたのも大きい。今は自信満々でリズムが崩れません。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2224文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HEAT UP! TOKYO2020東京五輪 金メダル速報&後半戦プレビュー

関連記事

畑岡奈紗
稲見萌寧
パク・インビ
コ・ジンヨン
ネリー・コルダ
リディア・コ
フォン・シャンシャン
笹生優花
諸見里しのぶ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ