丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

たまにはタイマン勝負も面白い。

posted2021/07/21 07:00

 
たまにはタイマン勝負も面白い。<Number Web> photograph by KYODO

全米女子OPでの畑岡(左)と笹生のプレーオフは、笹生が3ホール目のバーディーで勝利

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph by

KYODO

 ゴルフは自分との戦いと言われますが、時には対人競技の様相を呈することもあります。マッチプレーがそうですし、ストロークプレーであってもプレーオフに突入すれば戦い方は一変します。

 6月のPGAツアー「トラベラーズ選手権」でのプレーオフは、同ツアー史上2番目に長い8ホールに及びました。歴代1位は1949年の11ホールだそうで、このときは日没のために両者合意の上で両者優勝となったとか……。こんな長いプレーオフもそうそうないだろうと思ったら、翌週も5ホールでのプレーオフ決着でした。

 日本男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でも、木下稜介が時松隆光とのプレーオフで2戦連続優勝を決めたりと、なんだかプレーオフづいている最近のゴルフ界です。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1079文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<オリンピック開幕直前特集>東京に、凱歌を。

関連記事

笹生優花
畑岡奈紗

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ