プロ野球PRESSBACK NUMBER

内川聖一「なんで、ない事ばかり書かれるのかは正直…」 ホークス退団→ヤクルト加入の経緯を明るく語った理由 

text by

花田雪

花田雪Kiyomu Hanada

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JIJI PRESS

posted2021/03/26 11:04

内川聖一「なんで、ない事ばかり書かれるのかは正直…」 ホークス退団→ヤクルト加入の経緯を明るく語った理由<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JIJI PRESS

ソフトバンクからヤクルトに移っても、内川聖一の打撃技術は光り輝くはずだ

ヤクルト入団後、覚悟はさらに強固になっているのでは

 プロ野球選手である以上、一軍での出場機会を求めるのは当然のことだ。激動の2020年を過ごし、ホークスというチームの状況、自身の立ち位置を俯瞰して見たことで、内川は「退団」という決断を下した。

 1年越しで再び内川の口から飛び出した「まだまだ、やれる」という言葉からは、一度目に聞いた時よりも一層の覚悟と、意地のようなものが透けて見えた。

 ヤクルト入団が決まった後も内川と対面する機会があったが、その自信と覚悟は、さらに強固になっているように思えた。

「自分がこれまで培ってきた技術やノウハウは、積み重ねてきたものなのでもちろん大切にしています。でも、現状を維持するのではなく、新しい感覚、新しいチャレンジも続けている。これは、今年に限ったことではなく、毎年の事です」

 どんな状況に置かれても慢心することなく、つねに上だけを見続けてやってきた。

 18歳でプロ入りしてからの10年間を横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)で過ごし、次の10年間はホークスで過ごした。節目のプロ20年目を終え、迎える21年目。プロキャリア3球団目となるヤクルトで、内川聖一の新シーズンは始まる。

 開幕前のオープン戦では13試合に出場し、29打数9安打、打率.310をマーク。新天地でもそのバットコントロールは健在で、自身2年ぶりの開幕スタメンの座も現実味を帯びている。

「まだまだ、やれる」

 1年間、胸に秘め続けた思いをバットに込め、内川聖一、第三のプロ野球人生が幕を開ける――。

(取材協力/WHITE BOARD SPORTS

『「お前、バカか」から安打製造機へ… 内川聖一の“特異な技術”を支える恩師・杉村コーチの教えとは』も関連記事からご覧になれます>

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
東京ヤクルトスワローズ
内川聖一
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ