プレミアリーグの時間BACK NUMBER

史上最も過酷なプレミアで首位独走… 最強シティを支える不屈のメンタリティとは

posted2021/03/23 17:00

 
史上最も過酷なプレミアで首位独走… 最強シティを支える不屈のメンタリティとは<Number Web> photograph by Getty Images

公式戦21連勝を果たし、プレミアリーグ奪還が決定的となったマンチェスター・シティ。まさに“無敵”なペップのチームは今季こそ、CL初制覇という悲願を叶えられるか

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2020-21シーズンのプレミアリーグも残すところあと2カ月となった。

 開幕から続いた過密日程による選手の怪我や、無観客試合によるホームアドバンテージの激減などもあり、一時は予想不可能とも言われたコロナ禍でのタイトルレースも、マンチェスター・シティの優勝で決着した感がある。

今季のタイトルレースはすでに決着?

 開幕前に優勝候補筆頭格と目されていたリバプールのほか、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、トッテナム、そしてレスターにも優勝争い参戦の可能性が指摘されたのは、昨年12月のこと。

 しかし、3月13日にフルアムを3-0で退けたシティは、リーグ戦30試合を消化して2位ユナイテッドに14ポイント差をつけている。残る8試合で14ポイントを奪えば、ユナイテッドが残る9試合に全勝しても追いつかれることはない。

 過去8試合で21ポイントを獲得しているシティとしては、プレミア王座奪回へのホームストレッチを余裕で走り抜けられる状態だ。

「クレイジー」な公式戦21連勝

 フルアム戦の前週、ホームで行われたダービーマッチで連勝記録が途絶えた直後には、「一時的な躓き」を超えて「危機」まで指摘された。

 それでも、そのユナイテッド戦(0-2)で今季3敗目を喫するまで、国内カップ戦とCLを含む21試合に勝ち続けたチームの芯は揺るがなかった。

 シティは、就任5年目のジョゼップ・グアルディオラ監督が、以前から「地獄」と呼ぶイングランドの冬に、同指揮官が曰く「選手の怪我やウイルス感染の問題がある中で3日に1試合のペース」で勝利を重ねた。その安定した強さの根底にある精神力を「驚異的だ」と自賛する監督に、異論を唱える者はいないだろう。

 英語の「メンタル」には「クレイジー」と同様の意味も含まれるが、例年以上に過酷な状況下において28試合連続でポイントを重ねた強さは、それこそ「異常」と言える。

 昨季プレミア王者を率いるユルゲン・クロップの自軍評を拝借すれば、今季のシティは昨季のリバプールに勝るとも劣らぬ「メンタリティ・モンスター」だ。

【次ページ】 負傷者続出。13位まで低迷した序盤戦

1 2 3 4 5 NEXT
マンチェスター・シティ
ペップ・グァルディオラ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ