JリーグPRESSBACK NUMBER

「ネガティブな感情は自分に跳ね返る」川崎の名将・鬼木達が大切にする「本気の言葉」とは 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/10/29 11:05

「ネガティブな感情は自分に跳ね返る」川崎の名将・鬼木達が大切にする「本気の言葉」とは<Number Web> photograph by Getty Images

風間監督(当時=左)をヘッドコーチとして支え、2017年からその座を引き継いだ鬼木監督(撮影 2016年)

みんなに向き合っている。と同時に、自分に向き合っている

 自分が主語ではなく、チームが主語。

 これこそが鬼木流の真髄と言えるのかもしれない。

 選手もスタッフも全員を巻き込んで、同じ目線、同じ基準で語らせる。フロンターレの歴史を築き、キャプテンとして束ね、育成組織から始まった長いコーチ生活があるからこそ、そして何よりも本気になって「熱」を伝えてきたからこそ、この境地に辿りつくことができたのかもしれない。

 鬼木達とは、どんな監督か。

 庄子が語る表現が、最もしっくりくる。

「血が通った監督なんじゃないでしょうか。いいときも苦しいときも、正直にみんなに向き合っている。と同時に、自分に向き合っている。ここが選手、スタッフに伝わっているんだなと感じます」

 生き方も、人との向き合い方も、言葉も、覚悟も。

 うわべだけじゃない。すべてが本気だ。

 血が通った指揮官が導く、血が通ったチーム。

 なるほど、川崎フロンターレが滅法強いのも理解できる。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
鬼木達
川崎フロンターレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ