プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“悪川君”が覚醒! 原辰徳監督も「救ってくれた」と最敬礼、吉川尚輝のきらめく野球センス

posted2020/09/25 11:50

 
“悪川君”が覚醒! 原辰徳監督も「救ってくれた」と最敬礼、吉川尚輝のきらめく野球センス<Number Web> photograph by KYODO

9月22日の広島戦で、サヨナラ打を放ち、ナインから祝福を受け笑顔の巨人・吉川尚輝(右から2人目)

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 センスが光った。

「見事でしたね。監督を救ってくれた。ファウルで凌いでくれたのは監督として感謝しています」

 巨人・原辰徳監督がこう最敬礼して振り返ったのは、9月21日の広島戦、4回の巨人攻撃で飛び出したワンプレーだった。

 この回先頭の中島宏之内野手のソロ本塁打で4対2として、なお内野安打と敵失、送りバントで作った1死三塁のチャンスだった。

アクロバティックな動きで身を投げ出した

 打席の吉川尚輝内野手のカウントが1ボール1ストライクとなると、三塁コーチャーの後藤孝志野手総合コーチの手が動いた。そしてマウンドの九里亜蓮投手がモーションを起こすと同時に、三塁走者の松原聖也外野手が猛然とスタートを切った。

 スクイズだ。

 だが広島バッテリーは巨人の策を読んでいたように、九里の投球は外角低めに大きく逃げていくシュート。完全なボール球に巨人ベンチの策が失敗に終わると思われたその瞬間、救ったのが吉川だった。

 文字通りに飛びついた。

 アクロバティックな動きで身を投げ出してバットを差し出し、何とかその先端に143kmのボールを当てた。

 この反応、この動き。

 まさにそこに吉川のセンスが光るワンプレーで、サインを出した原監督を救ったのだ。そしてさらにはカウント2ボール2ストライクからの5球目を右前に運んで、ゲームを決める追加点を奪ってみせた。

【次ページ】「抱きしめてやりたい」と指揮官を興奮させたが……

1 2 3 4 5 NEXT
吉川尚輝
原辰徳
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ