JリーグPRESSBACK NUMBER

内田篤人が引退を告げ、盟友・遠藤康が引き留めた最後の“さしメシ”「せっかくならデザート頼もうよ」 

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/09/16 11:50

内田篤人が引退を告げ、盟友・遠藤康が引き留めた最後の“さしメシ”「せっかくならデザート頼もうよ」<Number Web> photograph by AFLO

内田は2006年に、遠藤は2007年に加入。紅白戦ではマッチアップする機会も多かった。

「今さら、2人でご飯は恥ずかしいよ」

 2人がひと通り話を終えたとき、注文した料理がテーブルに並んだ。遠藤も内田も食べるのが早い。どちらも早々に出された料理をきれいに平らげた。

「じゃあ、帰ろうか」

 そう促す内田に、遠藤は引き下がった。

「せっかくだからもうちょっとゆっくりしようよ、と思ってデザートを頼むことにして引き止めたんだけど、別に話すこともない。あ、全然うっちーのことは嫌じゃないんだよ。他に誰かがいるときは、いろいろと話すからすごく楽しい。家族同士で会ったときも、たくさん話をするし、ふざけあったりする。でも、2人はね(笑)。これまでいっぱい話してきたから、今さら話すことなんてないんだよなあ」

 内田に同じことを聞いても、同じ答えが返ってきた。

「今さら、2人でご飯は恥ずかしいよ」

 それでもどこかつながっている。男同士ってそんなもん。お互い家庭を持ち、30歳を超え、改まって話す機会はなくなった。でも、何かあったらやっぱり顔を見て伝えたい。必要以上の会話は交わさなくても、そこには2人だけの絆がある。

「今は2人っきりになれば、お互いすぐ携帯をいじってる(笑)。うっちーから引退を聞いたときも、最後はいつもと同じ。でも、これが10年後か、20年後に何か変わるのかなあと考えてみると、おもしろいよね。もしかしたら、おじさんになったらずっと一緒にいるようになっているかもしれない。また昔みたいに鹿島神宮を一緒に歩いているかもしれないよ」

 遠藤は屈託のない笑みを浮かべた。いつもの大きな笑い声とともに。

大迫(左)のゴール後、先輩・伊野波の第1子誕生を祝うゆりかごダンスを披露 Ⓒ Takamoto Tokuhara/AFLO
<完全保存版>内田篤人

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number PLUS October 2020

<完全保存版>
内田篤人

【引退記念インタビュー】
「自分では最大限やりきったかな」

【傑作記事で振り返る15年】
鹿島/シャルケ/日本代表

【「親愛なるアツトへ」】
吉田麻也/小笠原満男
岡田武史/長谷部誠
ザッケローニ/マガト ほか

定価:本体1300円+税目次ページへ

関連コラム

BACK 1 2 3 4
内田篤人
遠藤康
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ