Jをめぐる冒険BACK NUMBER

Jを沸かせた“岡山劇場”の岡山一成は今何を? スペイン人女性監督からの指摘と絆、指導者のリアル

posted2020/09/16 17:00

 
Jを沸かせた“岡山劇場”の岡山一成は今何を? スペイン人女性監督からの指摘と絆、指導者のリアル<Number Web> photograph by Atsushi Iio

現役を引退し、指導者への道を歩み始めた岡山一成。その道は1年ほどなのに波乱万丈である。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Atsushi Iio

 イビチャ・オシム監督が「我々のホーム」と愛した市原臨海競技場(ゼットエーオリプリスタジアム)に、絶叫が響く。

 マスク越しだったが、無観客試合のために内容がはっきりと聞き取れる。

「ここからだぞ! ここから!」

「全然オーケー! 大丈夫! 大丈夫!」

「ゴー! ゴー! ゴー! ナイス!」

 コーチングエリアの最前線で仁王立ちとなり、選手たちを叱咤激励していた指揮官は、立て続けに迎えたチャンスを相手GKにことごとく防がれると、まるで絵に描いたように、膝から崩れ落ちた。

 監督がそんな風にオーバーアクションだから、スタンドからの視線はピッチ上のプレーより、ついついベンチ前の彼に向かってしまう。

 ああ、監督になっても、一流のエンターテイナーなんだな――。

 関東1部リーグ(J5に相当)を戦うVONDS市原の岡山一成監督を見て、そう思わずにはいられなかった。

日韓合わせて10クラブを渡り歩いた後に

 '97年8月の横浜マリノス入団を皮切りに、大宮アルディージャ、セレッソ大阪、川崎フロンターレ、アビスパ福岡、柏レイソル、ベガルタ仙台、浦項スティーラース、コンサドーレ札幌、奈良クラブと、日韓合わせて10クラブを渡り歩き、FW、DFとして奮闘した。キャリア半ば以降はハンドマイクを片手に“岡山劇場”を展開し、ファン・サポーターを沸かせてきた。

 長く、熱い現役時代を過ごし、「心残りがある」「指導者には向いていない」と感じていた男は、なぜ、指導者への道を歩み出したのか――。

【次ページ】 「ああ、俺は日本代表にはなれそうもない」

1 2 3 4 5 NEXT
岡山一成
VONDS市原
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
鈴鹿ポイントゲッターズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ