JリーグPRESSBACK NUMBER

内田篤人が引退を告げ、盟友・遠藤康が引き留めた最後の“さしメシ”「せっかくならデザート頼もうよ」

posted2020/09/16 11:50

 
内田篤人が引退を告げ、盟友・遠藤康が引き留めた最後の“さしメシ”「せっかくならデザート頼もうよ」<Number Web> photograph by AFLO

内田は2006年に、遠藤は2007年に加入。紅白戦ではマッチアップする機会も多かった。

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph by

AFLO

 8月13日、ルヴァンカップ清水戦翌日のオフのことだった。遠藤康は、鹿嶋市内の選手馴染みのレストランで知人と会っていた。ふと携帯電話の画面を見ると、同じ名前の不在着信の表示が並んでいた。

 内田篤人――。

「めずらしいな」。知り合いと別れた直後、店の前から電話を返した。すると、ちょうどこちらへ向かってくる内田の姿が見えた。

 偶然にしては、図ったようなタイミング。何の話かなあと思いながら、夕飯前だったため、「メシでも食おうか」と、再度お店に入った。

 注文を終えると、ふと内田が口を開いた。

「俺、引退するわ」

 遠藤にとって、思ってもいない言葉だった。

俺はずっと“うっちー”って呼んでいる

 遠藤にとって、内田との付き合いの始まりは学生時代にまでさかのぼる。今から16年前。宮城県出身の遠藤と静岡県出身の内田をつないだのは、U-16日本代表の活動だった。

「高校1年くらいに代表で一緒になった。そこからかな。細くて速い人だなあっていうのが最初の印象。代表で会ったときは、もう1人仲良い選手も含めて、いつも一緒にいた。俺はずっと“うっちー”って呼んでいるから、アントラーズのみんなが篤人って呼んでいるのが変な感じだった(笑)」

 年代別日本代表で同じときを過ごし、2006年に内田が、'07年に遠藤がアントラーズに加入した。学年は1つ違うが、誕生日はわずか11日の違いで、気の置けない関係。内田が「ヤスはどこにいても声がでかいからすぐわかる」と言えば、それを聞いた遠藤はさらに大きな笑い声をあげる。

出会いはU-16日本代表。学生時代から互いを知る存在だった間柄だった Ⓒ BUNGEISHUNJU

【次ページ】 3連覇は「守備力のおかげ」

1 2 3 4 NEXT
内田篤人
遠藤康
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ