欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

メッシのバルサ急転残留=“仮面夫婦”継続 「走らない天才」脱却はできるのか

posted2020/09/09 08:00

 
メッシのバルサ急転残留=“仮面夫婦”継続 「走らない天才」脱却はできるのか<Number Web> photograph by Getty Images

メッシはバルセロナにとって永遠の宝である。だからこそ、今回の件では“キレイに”別れてほしかった。そう思う人は世界中に多いはず。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Getty Images

 リオネル・メッシとバルセロナ。双方にとって一番幸せな選択は、「別れ」でしかなかったように思う。

 メッシの心は、すでにカタルーニャの地から離れていた。みずからの想いを口にすることなく、内容証明郵便を送りつけて退団の意向を伝えたそのやり方が、なによりの証拠だった。

 かたやバルサの首脳陣にも、もはや「クラブ以上の存在」と化してしまったメッシをつなぎ留めておく、強い動機はなかったはずだ。バイエルン・ミュンヘンに完全に息の根を止められ、12年ぶりの無冠で幕を閉じた昨シーズンの失態も、むしろ“王様抜きのチーム”を作って出直す、良いきっかけだと捉えていたかもしれない。

サポーターも別れを受け入れていた

 お互いの気持ちがすっかり離れてしまったのだから、ここからヨリを戻しても憎しみが深まるばかりだ。疑念と不満を抱えながら仮面夫婦を演じるメリットなど、どこにもない。

 だとすれば、メッシはフリーでの移籍にこだわらず、クラブも7億ユーロ(約880億円)と言われる天文学的な違約金など求めず、妥当な金額で折り合いをつけ、将来に禍根を残さない形で手打ちにすればよかったはずだ。

 ネイマールをパリ・サンジェルマンへ売却した時の移籍金がおよそ260億円だから、それをひとつの目安に、長年の功労者に退団の道筋をつけてやることもできただろう。

 わずか13歳の少年が、史上最高のフットボーラーへと上り詰めていく過程を見守り続けたバルサ・サポーターの大多数も、メッシの決断を悲しむ一方で、「やむを得ない」とその別れを受け入れてもいた。バルサ以外で、ラ・リーガ以外でプレーするメッシの姿を見てみたいと、そんな興味もあったかもしれない。

【次ページ】 両者とも「読み違い」があったのでは

1 2 3 4 5 NEXT
リオネル・メッシ
バルセロナ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ