フランス・フットボール通信BACK NUMBER

MLSがリーグMX合併で巨大リーグに 北米サッカー界で起きている激震

posted2020/09/09 07:00

 
MLSがリーグMX合併で巨大リーグに 北米サッカー界で起きている激震<Number Web> photograph by L'Equipe

メキシコのトップリーグ・リーガMXのエンリケ・ボニラ代表(写真左)とMLSのコミッショナーであるドン・ガーバー。両者の利害は完全に一致したようだ。

text by

トマン・グバン

トマン・グバンThomas Goubin

PROFILE

photograph by

L'Equipe

 北アメリカ大陸で、新たな動きがおこっていることをみなさんはご存じだろうか。2026年に開催されるアメリカ・カナダ・メキシコ広域ワールドカップを前に、リーガMX(メキシコリーグ1部)とメジャーリーグサッカー(MLS)を統合しようとする試みである。すでにその前段階として、昨年には両者のクラブによるリーグスカップが開催されている(今年はコロナ禍により中止)。アメリカ、カナダ、メキシコをまたぐひとつのリーグをつくる。それは大陸全体を1つのマーケットにすることを意味し、新たな利益を生み出そうとする壮大なプロジェクトである。『フランス・フットボール』誌6月16日発売号でトマ・グバン記者がレポートしている。

監修:田村修一

今後6年間、メキシコリーグ2部からの昇格は無し!?

 コロナ禍によりリーガ・デ・アセンソ(メキシコ2部リーグ)が中止に追い込まれたとき、グアダラハラのレオネス・ネグロスに所属するディフェンダーのホルヘ・パディージャはクラブの昇格を賭けて戦っていた。リーグは3節を残し、5位につけていたネグロスはプレーオフに手が届きかけていた。

 だが、今、パディージャの希望は潰えた。リーグは打ち切られ、プレーオフ進出は夢に終わってしまったのだった。

「悲しいに決まっているだろう。未来が闇に包まれてしまったのだから」とパディージャは言う。

「僕ら選手にとってもそうだし、2部リーグでサッカーにかかわるすべての人々の希望が潰えてしまった」

 メキシコ協会はこの4月21日、少なくとも今後6年間、リーガMXを昇格・降格のない閉じた選手権にするという決定を下した。発表されたコミュニケによれば、それは1部リーグに所属するクラブの財政を安定させるためであるという。だが、水面下では、あるプロジェクトが進められていたのだった。それはメジャーリーグサッカー(MLS)とリーガMXを統合し、北米に新しいプロリーグを創設するという壮大なプロジェクトだった。

 実現すれば、北アメリカ大陸は新たな時代を迎えることになる。

【次ページ】 アメリカ市場はまだまだ伸びる

1 2 3 4 NEXT
MLS
リーガMX
リーガ・デ・アセンソ
カルロス・ベラ
ロサンゼルスFC
チチャリート
LAギャラクシー
ロドルフォ・ピサロ
マイアミFC

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ