欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

レバンドフスキ、ノイアー達の献身。
バイエルンの凄みと監督のビデオ。

posted2020/08/31 11:50

 
レバンドフスキ、ノイアー達の献身。バイエルンの凄みと監督のビデオ。<Number Web> photograph by Getty Images

CL優勝メダルとともに満面の笑みのレバンドフスキ。当代ナンバーワンのセンターフォワードであることを証明した。

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph by

Getty Images

 試合終了の笛が鳴った瞬間、バイエルンのロベルト・レバンドフスキは地面に倒れ伏し、両こぶしを力強く握り締め、歓喜の涙を流していた。

 非常に組織立った守備を見せたドイツ王者は、ブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・ムバッベ、アルゼンチン代表ディマリアらを擁するパリSGを1-0で下し、夢に見続けた欧州チャンピオンズリーグ優勝を果たした。

 それは、長い長い戦いだった。

 2013年、CL決勝。レバンドフスキはドルトムントの選手として、優勝したバイエルンを横目に悲嘆に暮れていた。

 何としても、あのトロフィーを手にしたい。そうした思いからバイエルンへの移籍を決断する。だがそれ以降、バイエルンは3度もCL準決勝まで進出したものの、決勝の舞台に立つことができなかった。

 レバンドフスキ自身、うまくいかずイライラをぶつけることもあった。いつかはR・マドリーでプレーしたいという強い思いも抱いていたので、移籍の噂がメディアを賑わすこともあった。

 だがいつの日からか、バイエルンでCLを制することの方が自分のなかで大きくなり、レバンドフスキは変わった。

ゴールだけでなく、チームで戦う。

 ゴールがすべてではない。自分の満足度だけが大事ではない。チームとして、どのように戦えばいいのか。

「自分から指示を出す選手が少ない。若い世代の選手は話すことに不安があったり、そもそも話したくなかったりするのかもしれない。SNSでのやり取りがコミュニケーションと思っているようにも感じる。彼らは、まったく別の文化に生きているのかもしれない」

 それでもレバンドフスキは若手に積極的に声をかけ、チームを引っ張る存在になるため、責任感を持ってプレーすることを自分自身に課している。

 攻撃だけではなく、守備にも精力的に関わる。

 CL決勝でも試合開始直後、すぐに駆け出した。

【次ページ】 ビッグイヤーとともに寝るレバ。

1 2 3 4 5 NEXT
ロベルト・レバンドフスキ
バイエルン
トーマス・ミュラー
チアゴ・アルカンタラ
キングスレー・コマン
マヌエル・ノイアー
ハンス・フリック
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ