プロ野球亭日乗BACK NUMBER

阪神、巨人に3連敗。バースの再来の
はずが……ボーアに“渡部の呪い”!?
 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/06/22 11:45

阪神、巨人に3連敗。バースの再来のはずが……ボーアに“渡部の呪い”!?<Number Web> photograph by KYODO

6月21日の巨人―阪神3回戦、6回2死満塁の好機に二塁ゴロに倒れたボーア。3連戦で12打席無安打に終わった。

中距離ヒッターのパーラが2本塁打。

 新戦力封じで対照的だったのは、巨人の新助っ人、ジェラルド・パーラ外野手に2試合連発の本塁打を打たれた阪神バッテリーの対応だ。

 もともとは中距離ヒッターという評価の選手。開幕前の練習試合では、落ちる球にタイミングが合わずに苦労していたが、開幕シリーズで打たれた二発はいずれも甘く入った真っ直ぐ系の球だった。

「彼の場合はコンタクトする力というのは非常にあるので、ホームランというのはね。結果という部分でいいと思いますけど、バッターの質からすると、コンタクト率が非常に高いバッターだと思います」

 第3戦後に原監督もこう評した想定外の二発。逆にいえば、それくらいにパーラに気持ちよくバットを振り抜かれた。その結果の2本塁打だったという訳である。

 もちろん投手の制球ミスといえばそれまでだが、根本にあるのはバッテリーの外国人対策への意識の徹底とも言えるだろう。

 それができた巨人と、できなかった阪神。そこが開幕シリーズの天地の差を分ける要因の1つでもあった。

 そう考えると、このまさかまさかのスイープ劇は「渡部の呪い」というオカルト劇ではなかったのかもしれないが……ついつい頭に浮かんでしまったのは、渡部さんの野球熱の熱さと文春砲のギャップが凄すぎたからだったかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ジャスティン・ボーア
ジェフリー・マルテ
高木京介
田口麗斗
エンジェル・サンチェス
渡部建
原辰徳
ジェラルド・パーラ
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
坂本勇人
岡本和真

プロ野球の前後の記事

ページトップ