Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<頑強なる剛腕>
渡辺久信「自分をエースと思ったことは一度もない」

posted2020/06/22 08:00

 
<頑強なる剛腕>渡辺久信「自分をエースと思ったことは一度もない」<Number Web> photograph by Takao Yamada

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Takao Yamada

工藤公康、郭泰源と共に3本柱として黄金期を支えた。豪球と颯爽とした風貌に、超人的なタフネスぶり――。トレンディ・エースと呼ばれた男は投手として、監督として、GMとして勝利の遺伝子を継承し続けている。(Number1005号掲載)

 渡辺久信は過ぎたことは忘れて、前に進んでいく性格だという。ただひとつだけ、ずっと忘れられずに残っているゲームがある。1988年10月7日。ゲーム差なしで迎えた近鉄との首位攻防天王山だ。

 先発することが決まっていた渡辺は前の晩、どうにも寝付きが悪かった。だから近鉄打線のシミュレーションをしようと考えた。この人らしく“ファミスタ”で……。

「オーダーもそっくりそのままにしてやってみたんです。そうしたらゲームの中でオグリビーにホームラン打たれちゃって……」

 そして翌日、その二次元の悪夢が現実になったのだ。2回、それまでほとんど打たれたことがなかった近鉄の助っ人オグリビーにソロホームランを浴びた。

「こんなことあるのかって怖くなりました。めずらしく緊張しましたよ。ただ、そこから立ち直って、完投で勝ったんですけど」

 その後、ペナントレースは語り草の「10・19」で近鉄が力尽き、西武ライオンズはリーグ4連覇を果たした。

 それまでにも、それからも、何度となく修羅場をくぐった渡辺にとってみれば、あのゲームは常勝のうちの一コマであるはずなのだが、なぜか特別、記憶に残っている。

 東尾修、工藤公康、郭泰源、石井丈裕……。誰をエースと呼ぶべきか迷ってしまうほどの黄金時代、監督だった森祇晶が振り返って真っ先に名を挙げたのが渡辺だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

埼玉西武ライオンズ
渡辺久信

プロ野球の前後のコラム

ページトップ