欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、
モウにファギー、3名将の天下争い。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/05/20 11:30

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、モウにファギー、3名将の天下争い。<Number Web> photograph by Getty Images

アーセナル、チェルシーともに当時最先端の戦術を用いた好チームだった。それでもマンチェスター・ユナイテッドは王者の風格を見せた。

アブラモビッチとの関係が瞬く間に。

 ところが翌シーズン、ジョン・テリーとチェフが負傷のため長期欠場。守備陣の補強を求めたモウリーニョの意向をアブラモビッチが無視。蜜月といわれたふたりの関係は瞬く間に崩れ、チェルシーも2位に沈んだ。

 そして2007-08シーズン、ディレクター職にあったマイケル・エメナロが、あることないことアブラモビッチに御注進。第6節終了時に、モウリーニョが監督の座を追われることになった。

 以降チェルシーは監督というポストを軽視しつづけている。暫定や再任を含めると12年間で14人。フランク・ランパード現監督も長期間は約束されていない。

その後結局、ユナイテッドが3連覇。

 結局、2000年からの10年間もユナイテッドを根底から揺るがすクラブは現れなかった。2000-01シーズンに優勝し、'06-07シーズンから3連覇を達成。'09-10シーズンはチェルシーの後塵を拝したものの、翌シーズンに奪還。3連覇はリオ・ファーディナンドを軸とする守備陣の安定が大きかった。

 そしてファーガソンのマネジメント能力も、改めて高く評価された。ベンゲルは内面が弱すぎる。チェルシーはフロントと現場の一体感を欠く。そんななかファーガソンは常に強く、ユナイテッドという組織から全幅の信頼を得ていた。

 2000-01シーズンからの10年間でユナイテッドは優勝5回。相変わらず彼らがプレミアリーグの中心だった。ところが、2008年9月に『アブダビ・ユナイテッド・グループ』がマンチェスター・シティを買収。このビジネスによって、プレミアリーグの勢力分布図に大きな変化が生じていくことになる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
マンチェスター・ユナイテッド
アレックス・ファーガソン
アーセナル
アーセン・ベンゲル
チェルシー
ジョゼ・モウリーニョ
ティエリ・アンリ、ロベール・ピレス、デニス・ベルカンプ
パトリック・ビエラ
ペトル・チェフ
ディディエ・ドログバ
アリエン・ロッベン
リカルド・カルバーリョ
ジョン・テリー
フランク・ランパード

海外サッカーの前後の記事

ページトップ