マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

無名の選手をドラフト候補に育てる。
城西国際大で育つ投手の才能たち。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/04/21 20:00

無名の選手をドラフト候補に育てる。城西国際大で育つ投手の才能たち。<Number Web> photograph by Kyodo News

城西国際大学の中島隼也、2020年ドラフトでも有望な4年生ピッチャーである。

監督もコーチも元名選手。

 野手にも、名前を挙げてお伝えしたい未完の大器が何人もいるのだが、話がちょっと長くなった。

 野手を見ている佐藤監督は現役当時、大学野球を代表するホームランバッターで、「ジャンボマックス」のニックネームで呼ばれた人気者。田中コーチも社会人野球・プリンスホテルの快足・好打の内野手で鳴らした。

 教わる相手には、なんら不足はない。

 あとは、選手たちが自分から教えを求めに行って、指導者たちの「エッセンス」を吸い尽くす番だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
城西国際大学
舘和弥
中島隼也
川口冬弥
足立匠
向山卓人

大学野球の前後の記事

ページトップ