マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

セの新人王は「この男」と予想する。
巨人で戸郷翔征が2ケタ勝つ可能性。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/03/10 11:40

セの新人王は「この男」と予想する。巨人で戸郷翔征が2ケタ勝つ可能性。<Number Web> photograph by Kyodo News

フォームは個性的だが、戸郷翔征のボールは本物だ。こういうタイプが活躍すると、プロ野球は楽しい。

フォームも荒れ球も本人は気にしない。

 そんな微妙な逸材が、間違いなく「10」に向かって歩みを始めている。

 プロ2年目。

「暴れスリークォーター」のスタイルはなんら変わっていない。

 高校の頃から当たり前のようにあったコントロールのバラつきも、「ストレートゾーンの範囲内での荒れ球」という域を超えていないせいか、本人、気にするそぶりもない。

 これがいい。

 自分を疑っていないから、まっすぐもスライダーも、いつの間にか落ち幅が増したフォークも、とにかくすべての球種を決然と腕を振って投げ込んでくるので、この日ヤクルトの3番に座った青木宣親まで、フルカウントからボール球のフォークを振らされてしまった。

12勝6敗、というヨミはどうだろう。

 うまくやろうとしないのがいい。

 ジャイアンツの若い選手たちの多くが、ここのところを越えられずに、シーズン開始を待たずにファームへ転じていった。

 宮崎の壮行試合の時から、こんなに腹の据わった高校生もいなかった。

 この“居直り”って、いったいどこから生じたものなのか。訊いてみたいほどだ。

 卓越した素質を持ちながら、肝心な「実戦力」が追いつかずに戦線を離れていく者が多い中で、使えばなんとかしてダグアウトに戻ってくるヤツ。

 確かに、肩、ヒジに負担のかかるタイプだから、間隔を空けて先発で使うとして、たとえば月3回の登板で7カ月。

 巨人の打力があれば、12勝6敗という“ヨミ”はどうだろう。

 ルーキーではなくても、昨年はまだ9イニング足らずしか投げていないから、「新人王」の資格は立派に持っている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
戸郷翔征
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ