スポーツ百珍BACK NUMBER

捕手の年俸、上がってるやないかい!
森友哉、小林誠司、1億円超も……。

posted2019/12/29 20:00

 
捕手の年俸、上がってるやないかい!森友哉、小林誠司、1億円超も……。<Number Web> photograph by KYODO

パ・リーグ捕手として史上3人目のMVPを獲得した西武・森友哉。年俸も24歳にして2億円に届いた。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

KYODO

 2019年のオフシーズン、プロ野球はめでたいことが続いている。

 稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンの「プレミア12」優勝、鈴木誠也や源田壮亮の結婚などなど。スポーツ紙やニュース番組を賑わせている中で、個人的に最もめでたいと感じているのが契約更改である。

 なにせ、あるポジションの選手のホクホクとした表情をよく見るのだ。試合中はマスクに隠れているが、こんなにもいい笑顔が見られるのは、ものすごく年俸がアップしたか、たぶんあの漫才を見た時くらいである。

「捕手の年俸やないかい!」

 昨年、「えっ、捕手の年俸低すぎ……?」という記事を書いたところ、思った以上に多くの人から共感してもらえたらしい。

 人の年俸なんてものを調べて記事のテーマにする、というのは煩悩の塊だとつくづく思う。ただベルマークと年俸なんて、なんぼもらってもいいですからね! 景気のいい話だし、誰だって「今シーズン、よく頑張ったね!」と称えたくなるだろう。

 でもわからへんねん。オカンが言うにはそんなに上がっていない選手もいるって言うし……。ということで、ホントに捕手の年俸は上がったのか。今季50試合以上に出場した選手の契約更改(出来高は除く)の内容を一気に見てみよう。

 まずは、パ・リーグから。各スポーツ紙に掲載された推定年俸を参考にしている。△はアップ、▼はダウンだ。

森友哉は1億2000万円アップ。

<西武>
森友哉:2億円(1億2000万円△/24歳)
135試合 打率.329 23本塁打 105打点

<ソフトバンク>
甲斐拓也:1億1000万円(4500万円△/27歳)
137試合 打率.260 11本塁打 43打点
高谷裕亮:3400万円(±0/38歳)
55試合 打率.167 1本塁打 1打点

<楽天>
堀内謙伍:1200万円(550万円△/22歳)
65試合 打率.156 0本塁打 13打点
太田光:1450万円(250万円△/23歳)
55試合 打率.219 1本塁打 6打点

<ロッテ>
田村龍弘:7000万円(200万円▼/25歳)
100試合 打率.243 3本塁打 31打点

<日本ハム>
清水優心:2600万円(600万円△/23歳)
98試合 打率.259 5本塁打 24打点

<オリックス>
若月健矢:4500万円(500万円△/24歳)
138試合 打率.178 1本塁打 21打点

【次ページ】 育成選手出身で初の1億円プレーヤー。

1 2 3 4 NEXT
森友哉
甲斐拓也
堀内謙伍
太田光
田村龍弘
清水優心
若月健矢
炭谷銀仁郎
小林誠司
大城卓三
伊藤光
嶺井博希
梅野隆太郎
會澤翼
磯村嘉孝
加藤匠馬
中村恭平
嶋基宏

プロ野球の前後の記事

ページトップ