欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

南野拓実の移籍は相乗効果だらけ。
リバプール冬の新加入は成功例多し。

posted2019/12/20 11:50

 
南野拓実の移籍は相乗効果だらけ。リバプール冬の新加入は成功例多し。<Number Web> photograph by Getty Images

リバプールで背負う「18番」にサインする南野拓実。カイトら名選手がつけた番号を、自分の色に染めてほしい。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

「ボス、あの選手を獲りましょうよ。ウチでも絶対に通用しますから、是非お願いします」

 いまから16年前、マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンドとライアン・ギグスは、アレックス・ファーガソン監督にひとりの選手の獲得を進言した。

 その男の名はクリスティアーノ・ロナウド。

 当時、スポルティング・リスボンに所属していた彼はプレシーズンマッチで強烈なインパクトを残し、ユナイテッドで絶大な影響力を誇示していたギグスとファーディナンドの心を動かすことに成功したのである。

「タクミ・ミナミノは素晴らしい選手ですよ。ボス、あの男を獲ってください」

 リバプールのジョーダン・ヘンダーソンとビルヒル・ファンダイクが、ユルゲン・クロップ監督にリクエストしたという。キャプテンとDFリーダーが獲得を依頼するとは、C・ロナウドと同じパターンだ。

セレッソ時代から着目していた。

 いま、南野拓実は大きな飛躍のときを迎えようとしている。

 現地時間12月19日。「南野の獲得でザルツブルクと基本合意に至った」と、リバプールの公式サイトが発表した。

 アーセナルの稲本潤一、宮市亮、ポーツマスの川口能活、トッテナムの戸田和幸、ボルトン・ワンダラーズの西澤明訓、中田英寿、ユナイテッドの香川真司、レスターの岡崎慎司、サウサンプトンの李忠成、吉田麻也、ニューカッスルの武藤嘉紀に続く、日本人12人目のプレミアリーグ戦士が誕生したのである。

 いくつかの情報を総合すると、リバプールは南野がセレッソ大阪でプレーしていた頃から着目していたようだ。強化担当スタッフを秘密裡に派遣し、チェックを欠かさなかったとも伝えられている。

【次ページ】 「ミナミノっていい選手らしいぞ」

1 2 3 4 NEXT
南野拓実
リバプール
ユルゲン・クロップ
ビルヒル・ファンダイク

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ