欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「母国、ゴルフ、マドリー」が物議。
ベイルとレアルの愛は尽きたのか。

posted2019/11/30 09:00

 
「母国、ゴルフ、マドリー」が物議。ベイルとレアルの愛は尽きたのか。<Number Web> photograph by Getty Images

ベイルは筋金入りのゴルフ好きで知られる。ラウンドする様子をマドリディスタ達はどんな気分で見つめるのか……。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Getty Images

「愛憎相半ばする」という言葉があるけれど、ギャレス・ベイルがマドリディスタから注がれているのは、たぶん「愛が2、憎が8」くらいの割合だと思う。

 いや、その見立てはちょっと甘すぎるだろうか。もはやサポーターの愛情も愛想も、ほとほと尽き果ててしまったのかもしれない。

 ベイルが怪我で戦列を離れるのは年中行事みたいなもので、それに、たとえば挑発的なゴールパフォーマンスで物議を醸したりするのも、マドリードの街でスリに遭うくらい珍しいことではない。

 ただ今回、彼が巻き起こした騒動は、少しばかりタチが悪かった。

 10月の代表戦で例によって負傷し、マドリーではラ・リーガ8節のグラナダ戦(10月5日)を最後に、およそ1カ月間ピッチから遠ざかっていたベイル。にもかかわらず、ウェールズ代表から11月のEURO2020予選に招集されると、当たり前のように馳せ参じ、アゼルバイジャン戦(16日)とハンガリー戦(19日)にスタメン出場したのだ。

趣味のゴルフより下、にファン激怒。

 そればかりか──。

『ウェールズ、ゴルフ、マドリー。この順番だ』

 そう書き込まれたフラッグを笑顔で掲げたのは、EURO本大会出場を決めたハンガリー戦後だった。

 もともとはマドリーOBのプレドラグ・ミヤトビッチが、クラブへの忠誠心に欠けるベイルを揶揄して語った言葉を、ウェールズ・サポーターが面白おかしく取り上げ、チャントにしたのが始まりだったという。

 ほんのいたずら心だったのかもしれない。それでもアゼルバイジャン戦の前には、「ともに成長し、同じ言語を話す仲間とプレーするウェールズ代表での戦いのほうが、より多くの喜びを感じる」と臆面もなくコメントしているのだから、“確信犯”と言われても仕方がないだろう。

 趣味のゴルフよりも下に見られたマドリディスタが、怒り心頭に発したのも無理からぬことだ。

【次ページ】 ロドリゴに拍手、ベイルは……。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ギャレス・ベイル
レアル・マドリー
ジネディーヌ・ジダン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ