フランス・フットボール通信BACK NUMBER

第2回女子バロンドールは誰の手に?
本命ラピノーの対抗馬ハーダーの告白。

posted2019/11/30 10:00

 
第2回女子バロンドールは誰の手に?本命ラピノーの対抗馬ハーダーの告白。<Number Web> photograph by Franck Faugere/L'Equipe

CL準々決勝でリヨンに破れたウォルフスブルクのペルニレ・ハーダー。国内2冠も含めて欧州で最も活躍した女子選手の1人であることは間違いない。

text by

フランク・シモン

フランク・シモンFrank Simon

PROFILE

photograph by

Franck Faugere/L'Equipe

 2019年の「バロンドール」受賞者が12月2日に発表される。創設2年目となる女子は、「ワールドカップ最優秀選手」に輝き、「FIFA最優秀選手賞」も受賞したミーガン・ラピノー(アメリカ)が大本命であるとされる。予想通りラピノーが受賞し、個人賞の3冠達成となるのか、それとも大番狂わせが待ち構えているのか……。

『フランス・フットボール』誌10月29日発売号では、昨年の第1回投票で受賞したアダ・へゲルベルグ(ノルウェー)に次ぐ第2位に輝き、今年も20人の候補者にノミネートされているペルニレ・ハーダーのインタビューを掲載している。

 デンマーク代表キャプテン。ヴォルフスブルクのエースストライカーとしてリーグとカップの2冠を達成。チャンピオンズリーグでも準々決勝まで進み(リヨンに敗れる)得点王を獲得したハーダーだが、この夏のワールドカップはデンマークがヨーロッパ予選で敗退したために出場がならなかった。

 フランク・シモン記者の問いかけに、ハーダーが答えた。失意に終わった去年の投票のこと、この1年のこと、そして今年の本命であるミーガン・ラピノーのこと……。ハーダーが語った。

監修:田村修一

「バロンドールは数ある個人表彰の中でも特別」

――昨年、投票結果が発表され、アダ・へゲルベルグに6ポイント及ばない第2位に終わったのがわかったとき、どんな気持ちでしたか?

「まず、自分がそこまで高く評価されたことが嬉しかった。受賞に限りなく近づいていたのだから。でもその後に、そこまで行きながら受賞できなかったことに失望を感じた。

 ただ、気持ちとしては、女子バロンドールの第1回表彰で2位に選ばれた栄誉の方が強かった。もちろん選手としての本能は、常に1位を目指しているけれども……」

――男子のバロンドールから遅れること62年で、女子も初めて表彰されるようになったのはどう感じていましたか?

「最初に思ったのは、自分にとってまたとないチャンスだということだった。女子にもついに男子と同じ個人タイトルができた。バロンドールは数ある個人表彰の中でも特別なもので、選手である以上誰もが獲得を夢見ている。同じ夢を、女子もまた抱けるようになったことが嬉しかった」

――今年もまた獲得を願いますか?

「それはもちろん。他のタイトル(UEFA最優秀選手賞とFIFA最優秀選手賞)もそうだけど、候補に挙がった以上は選ばれたいと思う。受賞したら、どれほどの名誉であることか。でも、それは、クラブと代表でのコレクティブなパフォーマンスを発揮して、はじめて望みうるものであるから……。ああ、でも願望であるのは間違いない」

【次ページ】 2位でもジェラシーはまったくない。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ペルニレ・ハーダー
アダ・へゲルベルグ
ヴォルフスブルク
ミーガン・ラピノー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ