プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「代打の代打」に「偽装スクイズ」。
“1死三塁”を巡る工藤監督の名采配。

posted2019/10/20 13:00

 
「代打の代打」に「偽装スクイズ」。“1死三塁”を巡る工藤監督の名采配。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

日本シリーズ第1戦の試合後、7回1失点に抑えたエース千賀(左)と握手を交わす工藤監督。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「攻撃の基本は1死三塁にある」

 巨人・原辰徳監督の采配教科書があるとすれば、攻撃編の第1ページにはこのテーマが書かれているはずだ。

 先頭打者が塁にでたら確実に送りバントで走者を進めて相手にプレッシャーをかける。これは昭和の時代からの1つの定石だが、原監督はこう頭を振る。

「もちろん送りバントも大事な作戦で、僅差の終盤やエース同士の投げ合いでそうは点が取れないケースなど選択のシチュエーションはある。ただ基本的に1死二塁というのは打席のバッターのヒットを待つ野球。バントで走者をスコアリングポジションに進めましたよ。さあヒット打ってくださいというのはベンチワークではない」

原野球の1つの真髄。

 そこで常に考えるのは「1死三塁」という状況を、ベンチがいかに作り出すかだ。そのためにエンドランや盗塁を含めて積極的に選手を動かすのが原野球の1つの真髄だ。今季から採用した2番に坂本勇人内野手を置く攻撃的布陣も、指揮官のそんな野球観を反映したものだった。

「もう少し走者が出ないとね。三者凡退が多すぎた」

 試合後の原監督が振り返った日本シリーズ初戦。2回にDHで出場した阿部慎之助のソロ本塁打で先制と最高のスタートを切ったが、その後は7回2死まで無安打。9回の攻撃のうち三者凡退が4度で得点は阿部と9回の大城卓三内野手の2本のソロ本塁打による2点だけだった。

 3回には2つの四球と暴投で2死一、三塁としたが、岡本和真内野手が156kmの内角ストレートに詰まらされてボテボテの遊ゴロに倒れた。そして7回には2死からアレックス・ゲレーロ外野手、田中俊太内野手の連打と敵失で二、三塁としたが、この日の千賀滉大投手の真骨頂を見せる投球の前に巨人のチャンスは萎んでいった。

【次ページ】 千賀は「あまり調子は良くなかった」。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原辰徳
阿部慎之助
読売ジャイアンツ
千賀滉大
工藤公康
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ