欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

南野&奥川vs.伊東の日本人対決に、
長友vs.レアル、PSG。今季CLが熱い。

posted2019/09/11 11:15

 
南野&奥川vs.伊東の日本人対決に、長友vs.レアル、PSG。今季CLが熱い。<Number Web> photograph by Getty Images

今季CLに挑む(左から)南野拓実、伊東純也、長友佑都。日本代表にも名を連ねる彼らの戦いぶりに注目だ。

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ヨーロッパ王者を決するUEFAチャンピオンズリーグは、いよいよ9月17日からグループステージの幕が開ける。

 昨季は「世界最高リーグ」に位置づけられながらチャンピオンズリーグでは結果が伴わなかったイングランド・プレミアリーグ勢が躍進。出場4チームすべてがベスト8に残り、そのうち2チームがベスト4に勝ち上がる快進撃を見せて、リーグとしての充実ぶりと層の厚さをはっきりと示した。

 もっとも、トッテナムとの同国対決ファイナルを制してリバプールを14年ぶり6度目の欧州王座に導いた指揮官ユルゲン・クロップはこんな言葉で「プレミアリーグの時代」を否定する。

「チャンピオンズリーグで優勝するための手段なんてあり得ない。我々にも他のクラブと同じだけのチャンスがあり、それがすべてと言える。イングランドのチームがチャンピオンズリーグを支配できるとは限らない」

 グループEに組み込まれたリバプールは、昨季に続くグループステージでの対戦となるナポリ(イタリア)、ザルツブルク(オーストリア)、ヘンク(ベルギー)と対戦。最大のライバルは、組み合わせ抽選後にクロップが「まただ!」と苦笑いしたというナポリだ。連覇を狙う現王者の新たな戦いは、9月17日、攻略が難しい南イタリアのアウェイ戦からスタートする。

南野はすっかりザルツブルクの顔。

 今大会に出場する日本人選手のうち、ザルツブルクに在籍する南野拓実と奥川雅也は、グループステージでこの2チームと戦うことになる。

 在籍6年目となる南野は、今やすっかりチーム内屈指の古株となり、今シーズンはアメリカ人の新指揮官ジェシー・マーシュが率いるチームの中核として大きな期待を寄せられている。

 2-0と勝利したラピード・ウィーンとの開幕戦で値千金の先制ゴールを決めると、主に4-4-2システムのサイドMFとしてスタメンの座を確保。国内リーグでは第6節終了時点で5試合出場3得点2アシストと活躍し、不動の地位を築こうとしている。

【次ページ】 W杯アジア予選前に語った決意。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

南野拓実
奥川雅也
ザルツブルク
伊東純也
長友佑都
ガラタサライ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ