Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<僕らが18歳だった頃>
ルイス・スアレス「チャンスを逃す達人」

posted2019/09/11 15:00

 
<僕らが18歳だった頃>ルイス・スアレス「チャンスを逃す達人」<Number Web> photograph by AFLO

18歳でプロデビューを果たすと、10得点を奪いナシオナルのリーグ制覇に貢献した。

text by

藤坂ガルシア千鶴

藤坂ガルシア千鶴Chizuru de Garcia

PROFILE

photograph by

AFLO

バルセロナでゴールの山を築くストライカーも、プロ1年目から群を抜いていたわけではなかったが、当時から誰にも負けない強みを備えていた。(Number985号転載)

 今年1月、バルセロナにおいてクラブ史上最多得点者トップ5入りを果たしたルイス・スアレス。ウルグアイ代表でも2013年からチームの歴代得点王の座を維持し、'17年にはW杯南米予選における最多得点記録を更新した。今でこそ「天資の得点力を持つストライカー」として誰もがその実力を認めているスアレスだが、母国ウルグアイ、ナシオナルの下部組織でプレーしていた頃は、ゴールゲッターとして決して群を抜く存在ではなかった。

 2005年5月にナシオナルのトップチームで18歳のスアレスをデビューさせたマルティン・ラサルテ監督は、当時のことをこう振り返る。

「実を言うと、当初は下部組織にいた他の選手たちをトップチームに引き上げることを考えていました。当時ルイスと同じ'87年生まれのカテゴリーではブルーノ・フォルナローリ(現オーストラリア、パース・グローリー所属)とマルティン・カウテルッチオ(現メキシコ、クルス・アスル所属)というストライカーがゴールを量産していましたし、ルイスよりも点を決めていた選手は他にもいたのです」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ルイス・スアレス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ