Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<僕らが18歳だった頃>
ジネディーヌ・ジダン「18歳とは思えなかった」

posted2019/09/10 15:00

 
<僕らが18歳だった頃>ジネディーヌ・ジダン「18歳とは思えなかった」<Number Web> photograph by Getty Images

'90-'91シーズン、18歳のジダンはカンヌの主力に定着。チームは13戦無敗を記録するなど好調な1年だった。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

バロンドール、CL、EURO、W杯まであらゆるタイトルを獲得した偉大な男は、謙虚で落ち着いた少年だった。しかし秘めた闘志と無限の努力が、誰も想像だにしなかった成功へと彼を導いた。(Number985号転載)

 ジネディーヌ・ジダンがフランス1部リーグ(当時の名称はディビジョン・アン)で活躍を始めたのは18歳のときだった。カンヌでジダンを抜擢した監督はボロ・プリモラツ。名古屋グランパスとアーセナルで、2018年まで23年間にわたりアーセン・ベンゲルのアシスタントコーチを務めたあのプリモラツである。

 また、プリモラツとともにカンヌでコーチとして働き、彼が監督を解任された'92年1月に後を継いだのが、前横浜F・マリノス監督のエリック・モンバエルツであった。

 プリモラツとモンバエルツ。ふたりは若き日のジダンをどう見ていたのか。また18歳のジダンは、彼らのもとでどんな成長を遂げたのか……。ふたりの証言から、カンヌ時代のジダンを検証する。

 16歳でディビジョン・アンデビュー('89年5月20日、アウェーのナント戦。残り12分で途中出場)こそ果たしたものの、前シーズンは4部リーグ――リザーブチームのカスレラーヌ――でプレーしていたジダンが、初めてスタメンで起用されたのは'90-'91シーズン第3節、ホームのオセール戦だった。0-3と完敗を喫し、激しいブーイングを浴びたジダンを、プリモラツは「まったく覚えていないんだ」という。

「ずいぶん前のことだからなあ(笑)。でも彼が、豊かな才能に恵まれているのはすぐにわかった。テクニックのレベルとボールキープ能力の高さは群を抜いていた。態度も申し分なく、練習にはひたむきに取り組んだ。メンタルも18歳とは思えないほど落ち着いていた」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ジネディーヌ・ジダン
カンヌ
ボロ・プリモラツ
エリック・モンバエルツ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ