プロ野球亭日乗BACK NUMBER

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、
岡本和真への「非情采配」の真意。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/09/10 11:00

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、岡本和真への「非情采配」の真意。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

真剣な眼差しで練習を見る原監督。同一球団でブランクを空けて3回開幕から監督を務めるのは史上3人目だ。

原監督の感じる坂本の成長点とは?

――そういう処方箋は不振の時でも坂本選手には必要ないですよね?

「坂本も4番で何試合か出したでしょう。坂本には『今日からこういう風になるけど、すぐにまた元の2番に変わるよ』って。でも4番でもしっかり打てることは証明できたんだから、それで良かったんだ、と送り出したんですよ。それで終わることです」

――今季の坂本選手の活躍はどう観ていますか? 監督の感じる成長点はどんなところでしょうか?

「もともと能力は非常に高い選手ですが、今シーズンはコンディションを作れるようになりましたね。よく準備運動とかケアもしている」

東京ドームで夜ご飯を食べて帰る坂本。

――飲みに行く回数も減ったとか(笑)。

「全然、行っていないんじゃないですか。だって夜だって、試合後に次がデーゲームだったり、何かあったりすると、ここ(東京ドーム)でご飯を食べているのをよく見ますもんね(笑)。事前に言っておくと、美味しい食事を用意して食べさせてくれるんですよ。で、独身の連中は楽なわけ。外に食べにいかなくていいですから。それで家に帰れば寝るだけだから、時間をものすごく有効に使えるし、この上ないわけですよ。栄養だってバランスよく出してくれるんですから。そういうものを積極的に彼が取り入れているわけですよ。他の選手でも丸(佳浩)とか結婚している選手でも、試合後はお腹が空くからよく食べていますよね」

――ホームランが増えたのは後ろの3番に丸選手がいることも影響していますか?

「それもあると思います。ただ丸の影響という点では、彼の練習スタイルというのはチームにすごく浸透しましたよね。例えばティーバッティングでもフルスイングですよ。片手で振っている時は、準備運動的にやっているけど、それ以外はティーバッティングからバシンとフルスイング! フリーバッティングでもフルスイング! そういう常に強く振る意識というものが非常にジャイアンツに浸透したなという気がしますね」

【次ページ】 丸がノートに書いたことが伝達される。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原辰徳
岡本和真
坂本勇人
丸佳浩
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ