プロ野球亭日乗BACK NUMBER

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、
岡本和真への「非情采配」の真意。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/09/10 11:00

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、岡本和真への「非情采配」の真意。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

真剣な眼差しで練習を見る原監督。同一球団でブランクを空けて3回開幕から監督を務めるのは史上3人目だ。

「心の中ではガッツポーズをしていました」

――あえてここで坂本選手に送りバントをさせることで、というようなことはなかった?

「そうですね。まあ、それがたまたま勇人であったということです。しかし、たまたま勇人であったことがチームにとっては大きいなあ、というのは僕の中ではありましたね。あのシチュエーションで、最善策を選択した時に打席にいたのが勇人だった。僕は心の中ではガッツポーズをしていましたね! 最善の策として選択した作戦が、たまたま勇人への送りバントであった、勇人でこの作戦が使えたというのが最高だった。それは選手の前で言う必要はないんだけど、僕の心の中ではカッとガッツポーズをしていましたね」

――根本でグラウンドにおける用兵、作戦は常に変わらないということですね。

「一緒。それは一緒。それは目的は勝つことだから。選手を幸せにすることじゃないから。我々は目的は勝つことで終始一貫、変わらないから。そうすることで選手も結果的には幸せになれるんだから。絶対そう。だから僕は『個人軍』はダメだ、と。『巨人軍』だと。巨人軍は勝つために戦う。そのために試合を進めていくということなんだから。なんということはない。その部分はね。目的はこれだから、そこは変わらない」

「全てに於いて勝つこと以外にない」

――あの試合も坂本選手がバントをあっさりと決めて点が入り、結果として試合に勝った。広島との敵地での開幕シリーズを勝ち越したことから、今シーズンのこれまでの戦いがスタートしている。

「そうですね。そういうことですね」

――監督は勝つことで選手を幸せにして、それがチームの実績にもつながる。

「勝つことですよ。目的は勝つことです。もうそれ以外、勝負の世界はないんです。そのためにどういう風にチームワークを高めていったり、個人技量をあげていく。そのためには色んなものがある。でも目的はなんぞや、といえば勝つこと。全てに於いて勝つこと以外にないんです。勝つためにどうするか、です」

「個人軍」ではなく「巨人軍」と、勝利への選手の献身を求めることで、チームを引っ張る原野球。それが巨人の伝統であるとすれば、その伝統をどうやって次世代のリーダーたちに受け渡していくのか?

 原監督のロングインタビュー最終回となる第3回では次世代のリーダー候補・阿部慎之助捕手への思いと、原流のリーダー論を聞く。

原辰徳インタビュー(1)「鳴かぬなら鳴くまで待たず選手を替える」

原辰徳インタビュー(3)「監督の気持ちでやる選手を何人作れるか」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原辰徳
岡本和真
坂本勇人
丸佳浩
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ