プロ野球亭日乗BACK NUMBER

松井秀喜vs.高橋由伸の構図で、
岡本和真と大城卓三を見る原監督の策。
 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/22 09:00

松井秀喜vs.高橋由伸の構図で、岡本和真と大城卓三を見る原監督の策。<Number Web> photograph by Kyodo News

6月14日の日本ハム戦では、岡本(4番)が大城(5番)の二塁打で生還している。近い打順の2人は競い合うように活躍し、巨人に恩恵をもたらしている。

岡本と大城の切磋琢磨が巨人の未来図に。

 そんな大城と岡本の関係に原監督はこんな期待を語る。

「あくまでも、いまの2人の関係はそういう可能性を秘めているという段階でしょう。

 2人ともこれからもっともっと練習して、色んなことを学んで成長していかなければならない選手。

 でも、チームの中に共にその成長の道を歩んでいけるようなライバルがいるということは、お互いにとって必ずプラスになる。そうして2人がお互いを刺激しあって、近い将来、打線の軸を担うことを期待しています」

 大城の成長は岡本の成長となり、岡本の成長は大城の成長となる。そこに巨人の未来図があるということだ。

The BIG FLY SENSATIONホームランが止まらない。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4
岡本和真
大城卓三
原辰徳
読売ジャイアンツ
松井秀喜
高橋由伸

プロ野球の前後のコラム

ページトップ