ビッグマッチ・インサイドBACK NUMBER

今季CL決勝は誰もがヒーロー候補。
トッテナムvs.リバプールを大展望。

posted2019/05/28 17:30

 
今季CL決勝は誰もがヒーロー候補。トッテナムvs.リバプールを大展望。<Number Web> photograph by Getty Images

サラー、マネを生かすプレーが光るフィルミーノ(左)。強烈な3トップを相手にトッテナムはどう戦うか。

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 互いにいくつもの難所を乗り越えて、チャンピオンズリーグの決勝という舞台までたどり着いた。その過程では、何人ものヒーローが誕生した。

 リバプールはベスト16のバイエルン戦、ファーストレグで守備の要ビルヒル・ファンダイクを出場停止で欠き、ジョー・ゴメス、デヤン・ロブレンも軒並み負傷離脱というピンチがあった。

 だが、急遽センターバックで起用されたMFファビーニョが奮闘し、ロベルト・レバンドフスキを零封してみせた。そうして初戦を0-0で乗り切ると、第2戦では復帰したファンダイクがチームに安定をもたらし、守備だけでなく攻撃でも存在感を示して3-1で勝利して、ドイツ王者を振り切った。

 トッテナムは準々決勝マンチェスター・シティ戦のファーストレグで、エースのハリー・ケインをケガで失うという窮地に立たされた。

 ところが、“第2のエース”と控えのストライカーがここで大きな仕事をする。

 ソン・フンミンはケインの負傷交代後にホームでの初戦を1-0の先勝に導くゴールを決め、さらに敵地でのセカンドレグでも2ゴールを決めて2試合トータル4-4の撃ち合いを制する原動力になった。さらにセットプレーから勝ち抜けを決定づけたゴールを挙げたのは、交代出場のフェルナンド・ジョレンテだった。

連夜の劇的ドラマだった準決勝。

 そして、連夜の劇的ドラマとなった準決勝だ。

 リバプールはバルセロナ相手に敵地での初戦で0-3の敗北を喫したが、聖地アンフィールドでこれを見事にひっくり返した。

 先制点と決勝弾を挙げたのが、モハメド・サラーとロベルト・フィルミーノの欠場で起用された控えFWのディボク・オリジだったのも象徴的だったが、スタジアムのボルテージを一気に引き上げた2点目、3点目を連取したジョルジニオ・ワイナルドゥムの活躍も見逃せない。

 この日、先発落ちを言い渡されたオランダ代表MFは「怒りを覚えていた」というが、それをモチベーションに、フォア・ザ・チームの精神に還元。負傷したアンドリュー・ロバートソンに代わってピッチに入ると2ゴールを決め、チームを盛り立てた。

【次ページ】 どの選手にもストーリー性がある。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リバプール
トッテナム
フィルミーノ
ムサ・シッソコ
ハリー・ケイン
ビルヒル・ファンダイク
ユルゲン・クロップ
マウリシオ・ポチェッティーノ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ