スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

女子サッカーに熱狂するスペイン。
観客は6万人超、視聴率は20%も。

posted2019/05/29 11:30

 
女子サッカーに熱狂するスペイン。観客は6万人超、視聴率は20%も。<Number Web> photograph by Getty Images

史上最高の観客数6万人超えとなるなど、国民の間でも注目度が急激に高まるスペイン女子サッカー。代表の強化も着々と進んでいるようだ。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今年6月7日に開幕する女子ワールドカップに向け、スペインの女子フットボール界がかつてない盛り上がりを見せている。

 1月30日に行われたコパ・デ・ラ・レイナ(女王杯)準々決勝では、アスレティック・クルブの本拠地サン・マメスで、平日夜の開催ながら4万8121人の観衆を集めたことが話題となった。

 これまでスペイン女子フットボール史上最多観客動員は、旧サン・マメスで2003年に記録した3万6000人だった。その記録を16年ぶりに大幅更新したのも束の間、3月17日には女子トップリーグのリーガ・イベルドローラ、アトレティコ・マドリー対バルセロナの首位決戦が6万739人を記録した。

 また、4月にはバルセロナが女子チャンピオンズリーグの準決勝でバイエルンを破り、スペイン勢として初めてファイナルへ進出。決勝ではオリンピック・リヨンに完敗したが、国内メディアは史上初の快挙を大いにたたえた。

 そのバルサも国内では無冠に終わり、リーガはアトレティコが3連覇を達成。5月11日の女王杯決勝ではレアル・ソシエダがそのアトレティコを逆転の末に破り、初タイトルを手にしている。

女王杯決勝は生中継、W杯も全試合放送。

 それらのチームの主力選手を中心としたスペイン代表23名の平均年齢は24.6歳。今回のワールドカップ出場24カ国の中では日本の24歳に次いで2番目に若いメンバー構成となったが、周囲の期待値は4年前の初出場時を上回るものがある。

 何より、スペインでは女子フットボールへの注目度が格段に上がった。

 先の女王杯決勝は史上初めて民放大手の「テレ5」で生中継され、平均165万5000人の視聴者と14.8%の視聴率を記録。瞬間最大視聴者数は279万7000人に上り、同視聴率は20.3%を記録した。

 フランスで開催されるワールドカップも、民放スポーツチャンネルの『GOL』で全試合を無料放送されることが決まっている。

【次ページ】 低レベルの運営、パワハラ……の改善。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バルセロナ
アトレティコ・マドリー
レアル・ソシエダ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ