ビッグマッチ・インサイドBACK NUMBER

バルサの息の根を止めた5番手FW。
移籍を断りクロップを信じたオリジ。

posted2019/05/08 17:30

 
バルサの息の根を止めた5番手FW。移籍を断りクロップを信じたオリジ。<Number Web> photograph by AFLO

欠場したサラー、フィルミーノを補って余りある大活躍。オリジはクロップの期待に応えたのだ。

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 インタビュアーが問う。

「何が起こったんですか?」

 興奮気味のユルゲン・クロップが答える。

「フットボール!」

「世の中にはもっと大事なこともある。でも、この感動的な雰囲気を一丸となって作り出したのは、とても特別なことだ。今までに感じたことのないような感情だよ。フットボールでは、そういうことが起こるんだ」

 2019年5月7日、チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグ。バルセロナと対峙するリバプールは、絶体絶命の状況でキックオフの時間を迎えていた。1週間前に行われたカンプノウでの第1戦は0-3の大敗を喫していた。

「サラーもフィルミーノも出場できない。秘策はあるかって? ……当然、勝利を目指すよ。世界最高のストライカーが2人出場できない。そしてバルセロナ相手に90分間で4ゴールを決めなきゃいけない。……言うのは簡単だけど、もちろんそれを目指す。それしかない」

 試合前の会見でそう語ったクロップの口ぶりは、冒頭の試合後インタビューとは正反対に、珍しく重たく見えたものだった。

 今季ここまで公式戦で計66ゴールを挙げてきたサディオ・マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノという"3本の矢"のうち2本が折れた状況で3点ビハインドのバルサ戦に臨むのだから、それも仕方のないことだった。試合後に明かしたところによれば、正直、さすがのクロップも「勝つのは不可能」だと思っていたらしい。

アンフィールドが作り上げた空気感。

 それがどうだろうか。いざ選手たちがピッチに入場すると、あっという間にアンフィールドはひとつになり、不可能を可能にする空気感が生まれたのだった。

 無念の欠場となったサラーは「NEVER GIVE UP」と書かれたTシャツを着てスタンドで試合を見守ったが、その言葉を選手とファンが見事に体現する。

 ミラン相手に3点ビハインドを追いついた「イスタンブールの奇跡」や、'16年にドルトムントとのELで見せた大逆転劇に続く3度目の奇跡を成し遂げたのだ。

【次ページ】 「最も行きたくないスタジアム」

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ディボク・オリジ
ユルゲン・クロップ
リバプール
モハメド・サラー
リオネル・メッシ
バルセロナ
アリソン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ