球道雑記BACK NUMBER

ロッテ二遊間に漂う名コンビの予感。
中村奨吾と組む藤岡裕大の特別さ。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/04/19 11:00

ロッテ二遊間に漂う名コンビの予感。中村奨吾と組む藤岡裕大の特別さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

二遊間でコンビを組む中村(左)とハイタッチを交わす藤岡(中)。昨季はルーキーながら開幕スタメン、全試合出場を果たした。

打撃面でさらなる進化を。

 今季、藤岡は自身のバッティングに、より力強さを求めていこうと技術面においてマイナーチェンジを図った。現在、思うように結果が残せないひとつの理由に、そのチューニングに手間取っているのもあるのだが、その話を振ると彼は力強い言葉でこう返した。

「今年は強く打ちたいと決めたので、このままで行きます。すぐ、ぶれてしまうのは良くないことですし、行けるところまで行って、どうしてもダメなときは、もう一度考え直せばいい。まだシーズンも始まったばかりですから」

 スタメン落ちの翌日、そんな周囲の雑音を打ち消すかのように藤岡は5打数3安打と気を吐いて前日の鬱憤を晴らした。

 とはいえ、彼がこのトンネルを完全に抜け切れたのかと問われたら否である。しばらくは二歩進んで一歩下がる。そんな日々が続いていくだろう。このトンネルを抜けたところに「名手誕生」「名コンビ誕生」の瞬間が待っている。

 ZOZOマリンのスタンドが割れんばかりの拍手喝采に包まれる日はもうすぐそこだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ロッテマリーンズ
藤岡裕大
中村奨吾

プロ野球の前後のコラム

ページトップ