沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

アーモンドアイがドバイで4億円!
海外GIも難なく勝利、目は凱旋門へ。

posted2019/04/01 11:05

 
アーモンドアイがドバイで4億円!海外GIも難なく勝利、目は凱旋門へ。<Number Web> photograph by REX/AFLO

アーモンドアイが圧倒的な強さで2019年のスタートを切り、凱旋門賞をさらにはっきりと視野に捉えた。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

REX/AFLO

 日本の最強馬に残されたターゲットは、もはや凱旋門賞のみと言っていい。

 第24回ドバイターフ(3月30日、UAEメイダン芝1800m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上GI)を、クリストフ・ルメールが騎乗する日本のアーモンドアイ(牝4歳、父ロードカナロア、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。1着賞金360万ドル、約4億円を獲得すると同時に、昨年の桜花賞から始まったGIの連勝を「5」に伸ばした。

 アーモンドアイにとって、これが2分20秒6というスーパーレコードで制した昨年のジャパンカップ以来4カ月ぶりの実戦であり、初めての海外でのレースであった。

 3月20日に出国し、翌21日未明、現地に到着。順調に調整され、レース当日はロードカナロア産駒らしい、いつもの落ちついた姿でパドックに現れた。

 出走馬は13頭。一昨年の覇者で、昨年2着だったヴィブロス、一昨年の秋華賞馬で、昨年の香港カップで2着に好走したディアドラという2頭の日本の牝馬と、3連勝でここに来た地元のドリームキャッスルが強敵と見られていた。

位置取りの時点で勝利は半ば決まった。

 ゲートが開いた。真ん中あたりの7番枠から出たアーモンドアイは速いスタートを切った。典型的な逃げ馬が不在だったため、押し出されて先頭に立ってしまうほどの勢いだったが、ルメールが手綱を引いて宥め、ゲートから400mほどのところで先頭から5、6馬身まで下げて、外に持ち出した。

「ゲートはよかった。いいポジションを取ることができた。リラックスして、いいストライドで走っていた」とルメール。

 包まれる恐れのない位置を早めに確保したこの時点で、勝利を大きく引き寄せたと言っていい。

 そのまま中団の外で折り合いをつけた。直後の内にヴィブロスがいて、ディアドラは後方の内に控えている。

 メイダンは左回りで、芝1800mは長い向正面を走って3、4コーナーを回り直線に入るという、いわゆる「ワンターン」のコースである。東京芝1600mや、回りは逆だが京都や阪神の芝外回りコースに形状が似ている。

【次ページ】 早めに抜け出し、危なげなく優勝。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーモンドアイ
クリストフ・ルメール
エネイブル

競馬の前後のコラム

ページトップ