“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

鹿島の遺伝子が染み付いた21歳。
町田浩樹が追う昌子・植田の背中。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/03/05 08:00

鹿島の遺伝子が染み付いた21歳。町田浩樹が追う昌子・植田の背中。<Number Web> photograph by Takahito Ando

昌子源、植田直通が海外へと旅立った鹿島。その中で町田浩樹はどのような成長曲線を描けるか。

脳裏に焼き付いたあるシーン。

 前述した小林の飛び出しをクリアしたシーンで、それが実証されていた。

 町田本人がこう話したのが印象的だった。

「実は試合前に、たまたま2016年のチャンピオンシップの浦和vs.鹿島の映像を見ていたんです。アウェイの埼玉スタジアムで、(遠藤)康さんがボールを奪われてカウンターを受けた際に、きっちり予測していた源さんがスライディングで防いでいるシーンがあって、それが脳裏に焼き付いていました。

 ちょうどあの時、重なりました。僕は昔のアントラーズの映像をよく見るんです。見ているのはモチベーションアップというか、単純に好きなんです(笑)。特に3連覇した時のアントラーズとか、結構見ています。選手目線とファン目線でいつも見ているのですが、今日は選手目線でハマりました(笑)。たまたまですが、それがアントラーズという財産だと思います」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
町田浩樹
鹿島アントラーズ
昌子源
植田直通
大岩剛
秋田豊

Jリーグの前後の記事

ページトップ