JリーグPRESSBACK NUMBER

J史上最年少34歳シュタルフ監督。
思い描く“日独融合”の強化スタイル。

posted2019/03/05 17:30

 
J史上最年少34歳シュタルフ監督。思い描く“日独融合”の強化スタイル。<Number Web> photograph by Takashi Sugiyama

「選手たちがどんなプレーを見せるか楽しみ」と語るシュタルフ新監督。ドイツ流の指導で日本サッカーに新風を巻き起こす。

text by

杉山孝

杉山孝Takashi Sugiyama

PROFILE

photograph by

Takashi Sugiyama

「『何でもいいから』と言われたら、どんな絵を描きますか?」

 しばし、思考が停止する。

「じゃあ、花を描いてくださいと言われたら?」

 バラが浮かんだ。

「イメージしやすいですよね。つまりは、そういうことです」

“規律”に反旗を翻す印象ながら、不自由とも紙一重。日本では、日常でもサッカーでもイメージが独り歩きしがちな「自由」という言葉だが、使い方が見事に収れんされていく。

 魔法のような一滴の要素を「ドイツのエッセンス」と評するのは、シュタルフ悠紀リヒャルト。Jリーグ史上最年少の監督として、今年からJ3のY.S.C.C.横浜(以降、YSCC)を預かる青年監督だ。

魂は日本人、感覚はボーダーレス。

 バックボーンは日本にあり、ドイツにもある。生まれは父の祖国のドイツだが、幼少で渡った日本で本格的にサッカーを始めた。頭で思考を巡らせる時には、状況に応じて日独英の3カ国語を使い分ける。

 渡独も父の実家に帰省する感覚だが、「帰ってきた」と感じるのは日本の空港に降り立った時。「魂は日本人」ながら、11カ国を選手として渡り歩いた感覚はボーダーレス。それでも、生きるのはサッカーの世界に他ならない。

 ただし、大きな転換点となった瞬間は明確に認識している。留学したドイツで、年代トップクラスに位置するクラブでプレーした高校1年時のことだ。

【次ページ】 ドイツで対峙した「使えない」という評価。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

YSCC
シュタルフ悠紀リヒャルト

Jリーグの前後のコラム

ページトップ