プロ野球PRESSBACK NUMBER

青木宣親と若手4人の不思議な生活。
質問には答えても上下関係はなし。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/20 11:30

青木宣親と若手4人の不思議な生活。質問には答えても上下関係はなし。<Number Web> photograph by Kyodo News

若手の向上心を喜び、そして個性を伸ばそうとする。青木宣親のもとには自然に若手が集まる。

青木「筒香だって時間かかってるし」

 大事なのは、まず自分で考えること――。

「ああいう選手は勝手に育つものだと思っている。筒香(嘉智・DeNA)だって出てくるまでに時間かかってるし、周りは期待するだろうけど、それをプレッシャーに感じて欲しくない。のびのび育って欲しい。今回、練習していてもやっぱりまだ足りないところもある、と分かっただろうし、そこは一歩一歩やっていって欲しい」

 そんな元メジャーリーガーに物怖じせず、村上は「バンバン聞いてくる」(青木)という。親子以上に年齢の離れた原田氏とも話し合い、「自分の体」について理解を深めようとしている。言わば「向上心」の塊。だから「自主トレ」での打撃練習で他の選手より強い打球を飛ばしても「今日は昨日に比べると、全然ダメだった」と素っ気なく言える。  

後輩の純粋さを大切にする。

 その村上が言う。

「一緒に生活する中で、青木さんは自分の体のことをすごく分かっていると感じます。体だけじゃなく、トレーニングだったり、スイングだったり、バットの選び方だったりもすごく分かっているんだなと。僕もまだまだ自分の体のこととか分からないんで、いいなと思う」

 最後の「いいな」に見える十代の初々しさ。その「純粋」を青木はとても大事にしている。

「去年は西浦がショートで出てきた時、最初はエラーも多かったり、戸惑うところもあったと思うけど、シーズン中に成長していった。レギュラーになったことで意識も高くなった。今年も去年にない力が上積みされるとチーム力になる。もちろん、宮本や村上はそういう位置付けになると思う」

 弱肉強食のプロ野球。アドバイスはシンプルだ。

「チャンスを貰ったらそこで何とか掴むこと。チャンスがいつでも来るわけではないんで、来た時にはそれを掴めるように」

【次ページ】 ヤクルトの青木宣親として。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

青木宣親
上田剛史
西浦直亨
宮本丈
村上宗隆
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ