マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

12球団の監督・コーチ陣でチームを
作る遊びから見えてくる「真実」。

posted2019/01/20 11:00

 
12球団の監督・コーチ陣でチームを作る遊びから見えてくる「真実」。<Number Web> photograph by Kyodo News

原監督を筆頭に、巨人の指導者陣は顔ぶれも豪華。野手も投手もスターが並ぶ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

1番 中堅手 金城龍彦
2番 二塁手 片岡治大
3番 左翼手 吉村禎章
4番 三塁手 原辰徳
5番 一塁手 村田修一
6番 遊撃手 元木大介
7番 右翼手 井上真二
8番 捕手 相川亮二
9番 投手 宮本和知

 いったい、なんだと思われるでしょうね?

 懐かしい名前がズラリと並んで、なにやら「スターティングメンバー」のようでもあるが、カンの良い方は「元木大介」、「宮本和知」あたりで、アッと気づかれるのかもしれない。

 野球ファンの「野球の楽しみ方」というのは多種多様である。

 決して、観ることだけを楽しんでいるわけではなく、それぞれの方たちが自由で柔軟な発想から、「なんでもあり」で楽しんでおられる。

 野球大好き人間の集まりにうかがった時のことだ。

 中のひとりが、「今日はこんなものを持ってきたんだ」と、カバンから取り出した1枚の紙に記してあったのが、この「スターティングメンバー」だった。

巨人の監督・コーチ陣でチームを作る。

 今年2019年のシーズンに臨む読売ジャイアンツの「監督・コーチ陣」でチームを作ったら……。そんな軽い“思いつき”から、なんとなくポジションに当てはめてみたら、こんなことになったという。ちなみに、それぞれの“選手たち”の今季の持ち場を書き添えると、こうなる。

1番 中堅手 金城龍彦(二軍・打撃)
2番 二塁手 片岡治大(二軍・内野守備走塁)
3番 左翼手 吉村禎章(一軍・打撃総合)
4番 三塁手 原辰徳(一軍・監督)
5番 一塁手 村田修一(二軍・打撃)
6番 遊撃手 元木大介(一軍・内野守備打撃)
7番 右翼手 井上真二(三軍・監督)
8番 捕手 相川亮二(一軍・バッテリー)
9番 投手 宮本和知(一軍・投手総合)

 どうだ、すごいメンバーじゃないか! と彼は力んだ。

「先発は、役職の重さに敬意を表して宮本和知にしたが、投手陣には、水野雄仁(一軍・投手)もいるし、三澤興一(二軍・投手)もいるし、これに今季からは杉内俊哉、木佐貫洋(共に二軍・投手)の左右のエース格が加わった。“現役チーム”よりずっとわくわくさせてくれるメンバーだと思わないか」

 彼によると、打線の方だって、心躍る顔ぶれが脇を固めるという。

「足に不安を抱える選手が多いだけに、鈴木尚広(一軍・外野守備走塁)と藤村大介(二軍・守備走塁)が控えているのが、なんとも心強い。さらに、外野手だ。センター・金城はともかく、両翼の守りが心もとない。

 しかしここには、松本哲也(二軍・外野守備走塁)がスタンバイしている。このメンバーの中に、タイトルホルダーがいったい何人いると思うね? 現役の選手たちがビビッてしまいそうな、間違いなく最強軍団だろう、このメンバーは」

 ここまでで、中ジョッキ2杯は呑める。それぐらいに場が盛り上がったものだ。

【次ページ】 守りは鉄壁の西武指導陣チーム。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

プロ野球の前後のコラム

ページトップ