ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

森保ジャパンはまだ本気出してない!?
トルシエが語る、静か過ぎるアジア杯。

posted2019/01/16 17:00

 
森保ジャパンはまだ本気出してない!?トルシエが語る、静か過ぎるアジア杯。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

オマーン戦終了直後、お互いに労う日本代表の選手たち。次戦ウズベキスタンとの戦いではメンバーは大幅交代も予測されている。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

 UAEでのアジアカップ第2戦、日本はオマーンを1対0と下してグループリーグ突破を果たした。結果はともかく内容には乏しかったオマーン戦を、フィリップ・トルシエはどう見たのか。試合直後にトルシエに聞いた。

――日本はオマーンに勝ちました(1対0)が、試合をどう分析しますか?

「日本は試合をコントロールした。技術的に試合をコントロールする術を持っていたから、日本は力を消耗する必要がなかった。だから野心的ではなかったし、最小限の力しか発揮しなかった。攻撃はインパクトに欠けサポートも不十分で威力はなかった。

 前半に幾つかのチャンスを作ったのは間違いない。しかし私が感じたのは試合をコントロールしようとする意志だった。最初の2試合では無理する必要はない。グループリーグを突破すればそれでいいと」

「野心に満ちたチームであることを示すべき」

「後半はより試合が拮抗した。勝利に値するのは確かだが、そこで危険を冒す必要を日本は感じなかった。

 日本がオマーンより優れていたのは間違いないが、今日の試合は日本にとってトレーニングマッチという印象だった。

 コレクティブに戦い、誰かが個人的にイニシアチブを取ろうとはしなかった。

 サポートも十分ではなかった。

 長友も酒井もあまりオーバーラップせずに攻撃は威力と迫力を欠いた。

 正確さも的確さもなく、ナイーブで経験も足りなかった。

 たしかにそれは理解できる。選手たちはみなおしなべて若い。だからこそ監督はグループリーグ突破を戦略の第一に置いたのだろうが、大会で勝ち進むためにはもっと別のものを見せなければならない。野心に満ちたチームであることを示す必要がある」

【次ページ】 割り切った戦いぶり続ける日本。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フィリップ・トルシエ
森保一
南野拓実
北川航也
原口元気
長友佑都
柴崎岳

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ