JリーグPRESSBACK NUMBER

家長昭博、川崎加入2年目のMVP。
異端のズレからとんでもない進化。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/12/21 11:30

家長昭博、川崎加入2年目のMVP。異端のズレからとんでもない進化。<Number Web> photograph by Getty Images

2018年のMVPに輝いた家長昭博。JアウォーズではG大阪ジュニアユースで盟友だった本田圭佑から祝福メッセージが贈られた。

憲剛が予言していたこと。

 この試合の家長が、ボールを引き出すための動きをしていなかったわけではない。むしろ動き過ぎているぐらいで、逆を言えば、ずっと動いているがゆえに、味方はパスを出すタイミングが掴めないのだ。

 本人は狭いエリアではボールを受ける感覚がないため、最初から空いているサイドのスペースを探して動いてしまっていたのである。チームに来て間もない彼は、チームスタイルに必要な「出して、動く」のリズムを身につけておらず、選手間の感覚や距離感にも明らかに戸惑っていた。

 もっとも、この辺の感覚のズレは川崎にやってきた新加入選手が直面する洗礼でもある。そんな家長の姿を見た中村憲剛は「自分で引き出して、前を向く。ゴールを決める。そういう体験を積み重ねないと、なかなか難しいものだから」と当時話している。ただその能力にはすでに一目置いていたのだろう。こんな予言も付け加えている。

「でも、それを家長昭博が覚えたら、とんでもないことになるよ」

「超フリーマン」の存在感。

 右足の怪我で戦線離脱した影響でシーズン序盤は苦しんだが、チームスタイルに適応した夏場以降には一気に存在感を見せ始める。兼ね備えていた抜群のキープ力に、献身的な機動力とプレー精度を高め、リーグ終盤には欠かせない戦力となり、川崎のリーグ初制覇に大きく貢献した。

 そして2年目の2018年シーズン。さらなる進化を遂げ始めた家長昭博は、中村の予言通りに「とんでもないこと」になってきたというわけだ。

 中村と大島というリーグ屈指の技巧派、さらに阿部浩之や守田英正といったバランサーにもなれる面々がいるフロンターレの中盤で、家長の存在はやや異端にも映る。中村いわく「超フリーマン」という自由な役割もそうだが、なかでも際立つのが、身体の強さと技術の高さだ。

【次ページ】 ボールを奪われない強さ。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

家長昭博
川崎フロンターレ
中村憲剛

Jリーグの前後のコラム

ページトップ