JリーグPRESSBACK NUMBER

家長昭博、川崎加入2年目のMVP。
異端のズレからとんでもない進化。

posted2018/12/21 11:30

 
家長昭博、川崎加入2年目のMVP。異端のズレからとんでもない進化。<Number Web> photograph by Getty Images

2018年のMVPに輝いた家長昭博。JアウォーズではG大阪ジュニアユースで盟友だった本田圭佑から祝福メッセージが贈られた。

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今季のJリーグは川崎フロンターレの年だったと言って良いだろう。

 Jリーグの年間表彰式「2018 Jリーグアウォーズ」では、Jリーグ最優秀ゴール賞を大島僚太が受賞し、Jリーグベストイレブンには同一クラブからの選出で過去最多に並ぶ7人が選出。

 そして注目されたJリーグMVPは、リーグ連覇に貢献した家長昭博が初受賞となった。

「このような名誉ある賞を、6得点7アシストという平々凡々な記録でもらうのは心苦しいですけど、本当にありがとうございます」

 受賞スピーチでの本人は控えめだったが、納得の選出だろう。

 独特のリズムを奏でるパスワークや攻撃力を武器に完成されつつあったチームを、さらにワンランク上へと引き上げる原動力となった。チームメートも認めるMVP級の活躍で、シーズンを通じたパフォーマンスは、初優勝を達成した去年以上だったと言える。鬼木達監督も賛辞を惜しまなかった。

「素晴らしいの一言ですよ。僕自身もそうですが、何より選手からの信頼が厚い。それはすごく感じます。本人は言わないですが、責任感がすごくついた。去年もそういう思いでやっていたと思いますが、今年のアキの働きは素晴らしいと思います」

 それほどまでに2年目の家長昭博の進化は圧巻だったのである。

川崎加入直後の渋い表情。

 もっとも、その進化には紆余曲折があった。

 思い返すのは、川崎フロンターレにやってきた直後の姿だ。

 2017年のリーグ開幕戦。奇しくも自身の古巣である大宮アルディージャとの一戦だったが、見せ場は少なく放ったシュートもゼロ。後半の早い時間帯に交代となっている。試合は勝ったものの、ミックスゾーンでは渋い表情で感想を述べている。

「前半、しっかりと中を閉められてスペースがなかったですね。監督からは『それでもボールをもっと引き出さないといけない』と言われました。確かにそうだと思います。そういう作業はなかなかできていないし、まだまだ求められていることができていない。チームともまだ合っていない。そこの問題を改めて感じました」

【次ページ】 憲剛が予言していたこと。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

家長昭博
川崎フロンターレ
中村憲剛

Jリーグの前後のコラム

ページトップ