Number ExBACK NUMBER

“サッカー小僧”中島翔哉が
日本の「10番」になるまで。 

text by

生島洋介

生島洋介Yosuke Ikushima

PROFILE

photograph byTOKYO VERDY

posted2018/12/08 11:30

“サッカー小僧”中島翔哉が日本の「10番」になるまで。<Number Web> photograph by TOKYO VERDY

東京ヴェルディ・ジュニア時代の中島翔哉。10番をつけ、テクニカルなプレーは今も変わっていない。

「子供の頃の夢がそのまま残っている」

 ジュニア時代からいまも交流のつづく永田氏は、こう語ってくれた。

「彼を締めつけるような余計なことを言う人には会わなかったのではないでしょうか。翔哉みたいにサッカーに命かけてるヤツを見れば、指導者ならなにかこいつにプラスになることはないかと探すはず。

 サッカーにすべてをかけて、それでいて悲壮感なく楽しんでるところを見たらきっと誰でもそうなる。自分も初心に立ち返らなきゃと思う人だってたくさんいると思いますよ」

 冨樫氏も中島の“小僧ぶり”が指導者に及ぼす力を感じるようだ。

「子供の頃の夢が、あいつのなかではまだまだ残っているのでしょうね。だから、あいつを見ているとハッとさせられますよ。『そうだよね!』って。

 学問のように研究されているいまの時代でもサッカーにこれが正解というものはない。でも、時には正解があるようにも感じるし……本当に難しいです。行き詰まったときにあいつの映像を見たり、LINEしたりすると、なにかスカッとするところがあるんです」

 サッカー小僧が日本代表の10番をつけるに至った原動力とはなにか。

 それを探るインタビューの内容は三者三様だったが、終わりの言葉はみな「翔哉をよろしくお願いします」だった。

 彼と接してきた指導者たちの言葉は、最後まで温かさに満ちていた。

Number967号「日本代表 僕らの時代」では、中島翔哉のこれまでを追いかけた詳細なルポルタージュが特集記事として収録されています。他にも、南野拓実、堂安律の独占インタビューなど、今の日本代表に関するとっておきの記事がズラリ! 是非お手にとってみて下さい!

関連記事

BACK 1 2 3
中島翔哉
東京ヴェルディ
永田雅人
冨樫剛一
FC東京
安間貴義

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ