Jをめぐる冒険BACK NUMBER

平山相太が今思う、本田圭佑との差。
「絶対負けないという芯の強さ」 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2018/11/30 11:30

平山相太が今思う、本田圭佑との差。「絶対負けないという芯の強さ」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

FC東京のエキシビションマッチで笑顔の平山相太。またJリーグの舞台で、彼の雄姿が見たい。

自分の失敗談を伝えられれば。

 目指す指導者像は、頭の中にしっかりと描かれている。

「サッカーを通して人間形成というか、人として成長させてあげたいですね。僕自身、国見で謙虚であることの大切さを教わってきた。長友や武藤とか、ヨーロッパで成功する選手たちを身近で見ていても、人間性が素晴らしかったですから」

 それから、自分の失敗談も伝えていきたいと平山は言う。

「目標設定が大事だとか、具体的なことを含めて、自分が経験して良かったこと、こうすれば良かったと思うこと、それもすべて人生の一部だよ、っていうところまで伝えられたらいいかな」

Jで監督をやってみたい。

 目指すのは高校サッカーの監督なのか。それともJリーグの監督なのか。そう訊ねると、平山はちょっぴりかしこまった様子で、きっぱりと答えた。

「できれば、Jリーグで、やってみたいと思っています」

 インタビューを終え、会議室から出ていく平山の大きな背中を見て、既視感に襲われた。初めてインタビューした日もこんな風に、希望に満ちた背中を見送ったものだ。

 大ケガと縁のなかったあの頃とは、抱えている夢も、進んでいる道も違う。それでも応援せずにはいられないひたむきさを、平山は持ち続けている。

 平山の長い、長いセカンドキャリアは、まだ始まったばかりだ。

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

平山相太
FC東京
本田圭佑
長友佑都
武藤嘉紀

Jリーグの前後のコラム

ページトップ