Jをめぐる冒険BACK NUMBER

平山相太が今思う、本田圭佑との差。
「絶対負けないという芯の強さ」 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2018/11/30 11:30

平山相太が今思う、本田圭佑との差。「絶対負けないという芯の強さ」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

FC東京のエキシビションマッチで笑顔の平山相太。またJリーグの舞台で、彼の雄姿が見たい。

相次ぐケガにも恨み節はなく。

 '06年に帰国したあと、しばらく低空飛行を続けたことについてはこう分析していた。

「ワールドユースも五輪も、小、中、高とサッカーをしてきた延長という感じで、他の選手に比べてプロ意識や自覚が足りなかったと思います。オランダに行ったら、今度はプロとは何かを学ぶ前に、周りについていくのが精いっぱい。で、日本に帰ってきて、ホッとしたというか。身体もプレーも全然ダメになってしまった」

 だが、'09年に気持ちを入れ替えた平山は'10年、FC東京に加入後初めてシーズンを通してピッチに立ち、7ゴールをマークする。

 ところが、翌年からケガに見舞われ続けることになるのだ。

「最初にケガをしたときは初めてのリハビリだったし、かなり荒れました。でも、骨折なので、休めば治る。翌年、同じ箇所を骨折したときは、もう達観していましたね。痛いんですけど、もう1回リハビリだなって」

 '14年、試合中にタックルを浴びて骨折したことに関しても、恨み節は一切なかった。

「接触の多いスポーツだし、それもサッカーの一部というか。ケガをするのも自分の人生。それを受け入れられるようになりましたね」

家族にサッカーしている姿を。

 キャリア晩年の平山を支えたのは、もう一度日本代表に選ばれたいという想いではなく、家族にサッカーをしている姿を見せたい、という想いだった。

「家族もできて、子どもも生まれて、子どもの記憶に残るまでサッカーがしたいなって。

 だから毎年、絵馬に『怪我なく』って書いていました。

 3歳の下の子は残念ながら僕がサッカー選手だったことを知らないんですけど、6歳の上の子は、僕がサッカー選手だったことも、辞めたことも理解しています」

 そう言えば、と平山の顔がパッと明るくなった。

「去年、嬉しいことがあって、上の子がお医者さんになりたいって言い出したんです。『どうして?』って聞いたら、『パパの足を治してあげたい』って。お前、なんてこと言うんだ。そんな風に見てたのかって」

 そう言うと、「でも、今はもう、『仮面ライダーになりたい』と言ってるんですけどね」と、すっかり父親の顔をして、平山は笑った。

【次ページ】 自分の失敗談を伝えられれば。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

平山相太
FC東京
本田圭佑
長友佑都
武藤嘉紀

Jリーグの前後のコラム

ページトップ