サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

酒井宏樹こそが森保Jのコアだ。
周囲の“我”を光らせる兄貴ぶり。

posted2018/11/20 11:40

 
酒井宏樹こそが森保Jのコアだ。周囲の“我”を光らせる兄貴ぶり。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

現在の日本代表でスタメンを失うことが考えづらい選手を考えた時に、酒井宏樹はその上位に確実に入っている。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

「初ゴール」を祝うメッセージが試合後に数多く届いたのではないかと聞かれると、表情を崩した。

「そうですね。ゴールってやっぱり、すごいなと思いました。アシストしたときには全然こないのに(笑)」

 でも、出場49試合目にして代表初ゴールを決めた直後に、酒井宏樹はこう語った。

「練習から、『ここに蹴ってくれ』と伝えていたら、本当にピンポイントで来たので。翔哉をホメてください!」

 ゴールの秘訣を問われれば、自らのボレーの技よりも、それを導いたFKのキッカーである中島翔哉のボールの質をほめる。

 それが酒井の生き様である。ブレることがない。

 そんな彼の資質が持つ意味は、日本代表のなかで変わりつつあるのかもしれない。

細かな駆け引きを積み重ねて。

 ベネズエラ戦で、ルイス・ゴンサレスを倒して失点につながるPKを与えてしまったことについてはこう振り返る。

「相手のFWのロンドンが下がったので、(相手のロングボールを)中央で跳ね返してくれるだろうと考えて、ポジションを高くとっていたんです」

 しかし高い位置をとっていたために、ゴンサレスにボールが渡ったとき、背後から追いかけることになり、勢い余って倒してファールをとられてしまった。

「相手に攻め込まれる状態が続いたので、自分が少し高い位置をとって、逆に相手に攻め込むような状況に変えられれば……と思って駆け引きをしていたというか。その部分で(攻撃の)スイッチを入れたかったんですけどね。

 それが裏目に出ることもありますし、もう少しリスク管理するべきでした。1個のピンチが全ての評価に影響してしまうので、そこがまた面白いところでもあるし、難しいところでもあります。トミ(冨安健洋)やダン(シュミット・ダニエル)が非常に良いプレーをしていたし、無失点に抑えてあげたかったんですけどね」

 そうした細やかなポジショニングは、酒井が所属クラブでも心がけているものだ。

【次ページ】 「自分のところで相手の攻撃を終わらせる」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

酒井宏樹
中島翔哉

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ