サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

遠藤航、万能タイプからの脱皮。
「ボランチなんだと認めさせたい」 

text by

オノシンタロウ

オノシンタロウShintaro Ono

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/11/14 11:15

遠藤航、万能タイプからの脱皮。「ボランチなんだと認めさせたい」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

長谷部誠が去ったボランチの筆頭候補として期待される遠藤航。ベルギーで磨いた力を更に発揮してほしい。

万能タイプであることの葛藤。

 目標として捉えている理想とするボランチ像を、全速力で目指せているのか。

「ボランチとしての自分は、まだまだです」

 当時の遠藤が口癖のように使っていた言葉だった。ユーティリティプレイヤーとしての自信と葛藤が詰まっていた。

 それでも、遠藤はジェネラリストとしての能力を買われ、W杯メンバーに選ばれた。

 ただそれは、多くのポジションをこなせる「控え」という立ち位置で、W杯のピッチに立つことはなかった。

「複数のポジションを守れながら、そのどこでもファーストチョイスになれる」のが強みだったはずが、「複数のポジションがこなせるけど、どこでも2番目」の選手になってしまった証左だった。そこからポジションへの考え方が変わり始めた。

 そんな時に海外から「ボランチ」としてのオファーがきた。迷わなかった。

ボランチとして認められたい。

 ボランチとして、勝負したい。

「まず遠藤航はボランチなんだ、ボランチとして認められる試合をしたいなと。その試合で俺のことを知ってもらいたい。で、サイドバックが不在になったとして、そこで使ってもらったときに、『遠藤はボランチもできてサイドバックもできるんだ』って思わせられるように。そうしたときに本当の意味で、A代表レベルでも俺のユーティリティ性も認められるようになる。俺は今、そんな下積みをしてるって思ってるんですよ」

 実は遠藤はキャリアの中で、シーズンを通してボランチでプレーしたことがない。シント・トロイデンに移籍して、今初めてボランチとしてのシーズンを過ごしている。その期間はまだ4カ月である。

 そのタイミングで迎えた9月のコスタリカ戦、10月のウルグアイ戦。遠藤がボランチとしてその強みを見せ始めた。その実力に疑いをもつ者は、もはやいないだろう。森保ジャパンになってから、流動的だった遠藤のポジションはボランチとして固定された。

【次ページ】 長谷部の後継者として。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

遠藤航
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ